「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

ロゴ:いぬのきもちねこのきもち

いぬねこコレクション みんなに愛されているいぬとねこ 世界の絵本から

ねこって、いつも窓辺で寝てるような、優雅でおとなしい印象がありました、うちにコウハイ(捨て猫だった雑種 2歳のオス。柴犬センパイの次に家族になったからコウハイ)がやって来るまでは……。だってほら、ねこって「寝子」って言われていたりもするでしょう? それなのにコウハイは、ソファからテールブルに飛び移り、そこにリボンがあるとクルクル遊び出す。毎日、家中のパトロールも欠かしません。ちっとものんびりなんてしていないのです。
そこで、ねこが活躍する絵本って……? と、探してみました。そしたら驚くほどたくさん。どのねこも個性的でチャーミング。そしてアクティブ! その中でも、今回はよりすぐりを。何かを躊躇したときに、柔らかな肉球で背中をポンと押してくれるような3冊です。

vol.3 かわいくて放っておけない…! ねこが大活躍する絵本

いつまでも色褪せない名作

主人公の2匹のこねこ、ブラッシュとハッシュはペンキ屋さん。色をつくる名人です……。とにかく色がきれい、絵本を広げてテーブルに置いておくだけでも、キラキラと輝きを放つすてきな1冊。
おはなしの中で、2匹はみどり色をつくろうと奮闘します。みどりは2匹の瞳の色、草や木の葉もみどり、流れる川もみどり……。
原色で描かれているのに、こねこのふんわりとした毛並みの感じとか、自然の風景の瑞々しさがちゃんと表現させれいるのにも驚かされました。クリエイティビティが高く、感性を磨けます。刊行は1949年、今のように色が氾濫していない頃ですから、この絵本を見た当時の子どもたちの驚きと喜びはいかばかりであったか。名作はいつまで経っても色褪せないものなのですね。

リサとガスパールの著者が描くねこ

『リサとガスパール』を知ったときは、あまりのかわいさしさに衝撃を受け、夢中になりました。そのリサガスの著者、ハレンスレーベンさんにもねこを描いた絵本があります。海の見える家でおばあさんと暮らしていたねこが、おばあさんの死後、旅に出るおはなし。
たった1匹で、フランス中を淡々と旅するねこは、孤独に耐えて強くて頼もしい。私がねこと暮らすようになって知ったのは、ねこって人と対等な目線、同じ心持ちで暮らしてるということ。「かわいい、かわいい」と寵愛を受けるばかりの存在ではなく、時には人の悩みを聞いてくれたり、悲しいときに支えてくれたり。頼りになる強さ、大きさ、深さを兼ね備えているのですよね。この本に登場するねこには、それらがあります。派手さはありませんが、しみじみと心に残る絵本です。
街の公園や駐車場に住む野良猫、いますよね。彼らも長い旅の途中なのでしょうか。

知恵と勇気の象徴となったねこ

もとはヨーロッパに伝わる民話ですが、このお話が最初に本となって出版されたのは、1697年。フランスの『ペロー童話集』に収録されました。それ以来、写真のハンス・フィッシャーだけでなく、いろいろな作家が絵本にしたり、少しずつ内容を変化させながら映画になったりミュージカルになったり……。
ねこは、ヨーロッパの歴史に翻弄された生き物でもありました。守り神として珍重されたり、時代によっては、不吉なものとして退治されたり……。しかし、ここでは、ねこは知恵があり飼い主にしあわせをもたらしてくれる守り神。
ねこの飼い主となった粉引き職人の三男を盛り立てようと、ねこは王様にウサギを献上。機転を利かせ、何かと三男を盛り立て、しまいにはお城の王様にまでしてしまう……、というのが、300年以上も前に、フランスのシャルル•ペローが書き残したもの。愛猫家をいい気分に酔わせてくれる素敵なおはなしです。

次回予告

次回は、個性キラリ☆ いてくれるだけでうれしい脇役犬猫が登場する絵本をご紹介します!

石黒由紀子/エッセイスト

女性誌や愛犬誌を中心に、犬猫に関することや日々の暮らしについてを執筆。近著には自身の犬猫について綴った『豆柴センパイと捨て猫コウハイ』(幻冬舎)
www.blueorange.co.jp/yuruyuru/index.htm

 いぬねこコレクション

バックナンバー

いぬねこ連載
もっと見る

[PR]


vol.3 かわいくて放っておけない…! ねこが大活躍する絵本【いぬねこコレクション】 コラム いぬねこ /collection/vj3v0g0000001dkb-img/g6n2u9000000kpz2.jpg 1 野良猫も長い旅の途中なのでしょうか
ねこって、いつも窓辺で寝てるような、優雅でおとなしい印象がありました、うちにコウハイ(捨て猫だった雑種 2歳のオス。柴犬センパイの次に家族になったからコウハイ)がやって来るまでは……。だってほら、ねこって「寝子」って言われていたりもするでしょう? それなのにコウハイは、ソファからテールブルに飛び移り、そこにリボンがあるとクルクル遊び出す。毎日、家中のパトロールも欠かしません。ちっとものんびりなんて vj3v0g0000001dkb
facebook
twitter