「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

ロゴ:いぬのきもちねこのきもち

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


突撃!うわさのいぬモン・ねこモン 脳波で動くネコミミ形コミュニケーションツールnecomimi

Vol.1 モフモフの不思議な機械でネコ気分を体験しよう!

まるでネコになった気分!? もう言葉なんていらない!? そんな新しいコミュニケーションツール「necomimi」を取材してきました!

脳波の状態に合わせたネコミミの動きがかわいい!

ピクピク、ぴょこん、きゅるる……モフモフのネコミミが小刻みに動いて、耳を立てたり、おじぎをしたり。本物のネコみたいに耳の動きで集中度やリラックス度を表現できるユニークなアイテムが話題になっています。

なんと耳たぶとおでこに装着したセンサーから生体信号をとおして脳波をキャッチし、集中状態になるとネコミミが、ピン!、リラックス状態ではペタッ、集中度マックスのゾーン状態では交互にキュルキュルと動くSF 感覚の表現ツール。

言葉にするよりも早く、相手に自分の状態を伝えることが可能なので、日常のちょっとしたシーンはもちろん、パーティやミーティングで皆で身につけると自然と視線が飛び交い、新しいコミュニケーションのカタチが生まれそう!

2011年4月のプロトタイプ版の初公開以来、この「necomimi」の開発チームneurowear(ニューロウェア)には、1週間もたたないうちに国内外のメディアからの取材依頼が殺到。

ロイターやAP 通信による配信に始まり、『ワシントンポスト』、『WIRED UK』など一流のメディアに次々に紹介され、アメリカを代表するジャーナリスム誌『TIME』では「今年のベスト発明50 -The 50 Best inventions –」に選ばれる快挙。国内での販売に続いて昨年9月には全米デビューも果たしました。

動作に慣れると、まるで自分の体の一部になったような感覚に! 言葉を超えた新感覚ツールが未来のコミュニケーションになる日もそう遠くないかもしれませんね。

10代の女子中高生たちに身につけてもらい撮影したという「necomimi」動画。
お菓子を食べるシーンは、ひとつだけ辛い味を食べた子がいるそうです。
誰が食べたか「necomimi」の反応でわかるかも。
(※音が出ます。ご注意下さい。)


 世界が認めた[necomimi]の開発秘話と最新アイテムについては次ページへ。

次のページ

 突撃!うわさのいぬモン・ねこモン

バックナンバー

いぬねこ連載
もっと見る

[PR]


Vol.1 モフモフの不思議な機械でネコ気分を体験しよう!【突撃!うわさのいぬモン・ねこモン】 コラム ねこ /inumon_nekomon/vj3v0g000000ffqa-img/g6n2u9000000kq6g.jpg 1 コトバを超えた新感覚のコミュニケーション
Vol.1 モフモフの不思議な機械でネコ気分を体験しよう!まるでネコになった気分!? もう言葉なんていらない!? そんな新しいコミュニケーションツール「necomimi」を取材してきました!脳波の状態に合わせたネコミミの動きがかわいい!ピクピク、ぴょこん、きゅるる……モフモフのネコミミが小刻みに動いて、耳を立てたり、おじぎをしたり。本物のネコみたいに耳の動きで集中度やリラックス度を表現できるユニー vj3v0g000000ffqa
facebook
twitter