「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

ロゴ:いぬのきもちねこのきもち

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


ほそいあやのてくてくルポ 開放型の猫シェルターに行ってみた

行政の施設から猫を引き取り、飼育をしながら新しい飼い主さん探しを行っている「東京キャットガーディアン」に行ってきました。

vol.1 東京キャットガーディアンってどんな所?(昼編)

殺処分される猫を救うための施設

持ち込まれた身寄りのない猫を、1匹でも多く新しい飼い主さんのもとへ。そんな願いから東京キャットガーディアンは作られました。
譲渡希望でなくても、猫カフェのように誰でも訪問できる開放型の猫シェルターです。
1階はリサイクル商品を集めた猫グッズのショップが併設されています。

ケージのある小部屋

わくわくしながら入ると、まずケージのある部屋があります。(床に猫が寝ている以外は)ペットショップのような雰囲気です。

訪問するだけでも活動支援に

1~2才の若い猫が多いようです。この子、面白い顏だしへんな体勢だし、すでに私は連れて帰りたくなっているのですが……。
この施設は新しい飼い主さんの募集が主な目的ですが、東京キャットガーディアンのサイトにはこう書かれています。
「すぐに猫と暮らす事は出来ない方、新たな子を迎える事は出来ない方も、お越しいただく事で猫たちのレスキューに繋がります。 譲渡希望の方だけでなく、猫に会いに来るだけの方のお越しを心よりお待ち申し上げます。」
飼えなくても、このようなシェルターがあるという事を1人でも多く知り、広まっていけば、結果的に殺処分の減少につながりますね。
シェルターを訪問する際、寄付金・支援金の形で活動を応援することもできます。

さわり放題

ケージの外の猫はさわってOK。このこは撫でられるのが好きなようで、遊ぶよりさわってくれとアピールしていました。

猫カフェスペース

中2階は猫たちが駆けずり回る広いスペースで、25匹程度の猫が日替わりで遊びます。天井がガラス張りでとっても明るく、みんな日向ぼっこを楽しんでいます。

毎月60匹の猫がもらわれていく

代表の山本葉子さんにお話をうかがいました。ここにいる猫は、山本さん自ら保健所へ行き引き取っている猫たちが8割。猫たちは増え、自転車操業的にシェルターの場所を増やしている状態だそうです。
しかし新しい飼い主さんの決定は右肩上がりで、なんと毎月平均60匹。「(2013年4月17日の取材時は)今のところ10匹ですね」との事でした。ああよかった…と思う話だけれど、とても大変な仕事だなあ、と痛感しました。

猫関連の本がたくさん

現在発行されているすべての猫本があるのでは?と思うくらい揃っていました。

思い思いの時間をすごす猫と人

お茶を飲みながら読書をしたり、写真を撮ったり、スマホを見たり、猫と遊んだり……。

ケンカする兄弟

猫たちは暴れまくっています。飼い主さんが見つかるのがベストですが、猫たちにとってここでの暮らしはストレスがなく、とても楽しいのだろうなということが伝わってきます。

動物病院や獣医さんによって考え方は違いますが、東京キャットガーディアンの場合は去勢・避妊手術は生後4カ月以内に行うそうです。

猫使い?

1人の男性がカギの束を取り出すと、ワーっと集合。一般的な猫カフェの猫よりテンションが高いのはなぜなのか。

キャリーケース大好き

昼間のオープン時間が終わり、スタッフさんがキャリーケースを持ってくると、猫たちがいっせいに駆け寄り、自ら入ろうとしている!?なんだろう、この不思議な光景。
その答えは「ごはんタイムに1匹ずつキャリーケースに入れて移動させている」ということ。「キャリーケースに入る=ご飯を食べられる!」と嬉しいことがあると覚えているよう。
実家の猫はキャリーケースを見ると「動物病院に連れて行かれる!?」と逃げてしまうので、ちょっと貴重なものを見た感じ。

次回予告

次回は、ちょっと雰囲気の違う、夜の東京キャットガーディアンの様子です。

ほそいさん&取材協力者のプロフィール

ほそいあや

ライター&Webデザイナー。犬猫好き。7歳の時に拾った雑種犬と姉弟のように育つ。一緒に川で泳いで溺れかけた経験あり(自分が)。その数年後に猫が加わり、犬の散歩についてくるようになる。
現在はゲルマニウムローラーで野良猫をコロコロするのが趣味。
HP:http://seiten4go.com   Twitter:@hosoi

「NPO 法人東京キャットガーディアン」

事務局:東京都豊島区南大塚3-28-14
大塚シェルター:東京都豊島区南大塚3-50-1 ウィンドビル5F
西国分寺シェルター: 東京都府中市武蔵台3-43-9 エクセレントTR 1F
TEL:03-5951-1668(携帯へ転送になります)
※電話番号が非通知の方は、非通知を解除の上おかけください。
(少人数でケアにあたっておりますので、代表番号・携帯番号共に出られないことがあります。その場合はお手数ですがおかけ直しください)
事務局 電話受付時間:年中無休
開放型シェルター オープン時間:平日14:00 ~ 17:00(火曜日を除く)/ 土日祝日 13:00 ~ 17:00
http://www.tokyocatguardian.org/

 ビキ・テラ散歩、ときどきルポ

バックナンバー

いぬねこ連載
もっと見る

[PR]


vol.1 キャットガーディアンってどんな所?(昼編)【ほそいあやのてくてくルポ】 コラム ねこ /try/g6n2u9000000dmvn-img/g6n2u9000000kppc.jpg 1 開放型の猫シェルターに潜入!
行政の施設から猫を引き取り、飼育をしながら新しい飼い主さん探しを行っている「東京キャットガーディアン」に行ってきました。 vol.1 東京キャットガーディアンってどんな所?(昼編)殺処分される猫を救うための施設持ち込まれた身寄りのない猫を、1匹でも多く新しい飼い主さんのもとへ。そんな願いから東京キャットガーディアンは作られました。 譲渡希望でなくても、猫カフェのように誰でも訪問できる開放型の猫シ g6n2u9000000dmvn
facebook
twitter