「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

ロゴ:いぬのきもちねこのきもち

ほそいあやのてくてくルポ 室内ドッグランで犬と一緒に遊ぼう

食い意地を利用する!

COCOちゃんはこんなに小さいのに食いしん坊なのだとか。そういうコには……と、久保田さんが軍手とリードを取り出しました。いったい何をするんだろう?

おやつ用のドライクッキーを軍手に入れる

リードをつけた軍手にひとにぎりの犬用クッキーをしのばせ、匂いを嗅がせます。その軍手を引っ張ると、COCOちゃんの動きが速くなりました。先程までのおっとりさはどこへ。これが食い意地のチカラか。

軍手にリードをつけて引っ張る

待て、わたしのおやつ! とばかりに軍手の動きについてくるCOCOちゃん(写真がブレるようになった!)。

軍手を追うチワワ、初めて見た

この方法で運動不足の時に走らせたりすることもできます(ただし食いしん坊に限る)。このようなトレーニングを地味にやっていると、徐々にあまり遊ばなかったコが遊ぶようになっていくそうです。

おもちゃは遊ぶ時だけ取り出すと効果的

いつか、おやつ無しでもCOCOちゃんが遊ぶようになってくれることを祈りつつ、今日はこの辺りで実験終了。

最後に久保田さんからアドバイスがありました。普段からおもちゃを犬スペースに放っておくだけで、飼い主さんがそのおもちゃで遊ばないと、犬もあまりおもちゃで遊ぶことを楽しいと思わなくなってしまうことがあるようです。

おもちゃは飼い主さんが犬と一緒に遊べる時に出して、「遊ぶよ!」と盛り上げると、犬も嬉しくて遊びを楽しむようになるのだとか(ちなみにウチは猫ですが、やはりたまにおもちゃを見せるほうが食いつきがいいです)。

おもちゃは飼い主さんと犬とのコミュニケーションツールなんですね。

次回予告

次回は、「犬とハイタッチ」に挑戦します!

ほそいさん&モデルキャット プロフィール

ほそいあや

ライター&Webデザイナー。犬猫好き。7歳の時に拾った雑種犬と姉弟のように育つ。一緒に川で泳いで溺れかけた経験あり(自分が)。その数年後に猫が加わり、犬の散歩についてくるようになる。
現在はゲルマニウムローラーで野良猫をコロコロするのが趣味。
HP:http://seiten4go.com   Twitter:@hosoi

今回のモデルドッグと取材協力者

写真のピコちゃん3才(キャバリエ・キング・チャールズ・スパニエル)をはじめ取材当日ノークスにいたさまざまな犬たち。左は、ピコちゃんの飼い主でドッグトレーナーの久保田さん。長時間の取材にも快く協力してくださり猫おもちゃ以外の遊びをいろいろ教えてくれました。
HP:http://www.norcs-cafe.com/

前のページ

 ビキ・テラ散歩、ときどきルポ

バックナンバー

いぬねこ連載
もっと見る

[PR]


vol.3 あまり遊ばないコと上手に遊ぼう【ほそいあやのてくてくルポ】 コラム いぬ /try/vj3v0g0000002lhp-img/g6n2u9000000kpvd.jpg 1 犬見知りのコ、あまり遊ばないコがドッグランを楽しむには?
Vol.3 あまり遊ばないコと上手に遊ぼう犬たちが、のびのび思い思いに遊んでいる室内ドッグラン。そこにはじめて来るコ、みんなと遊ばないコがいたら、犬スタッフのピコちゃんやドッグトレーナーさんたちの出番のようです。その活躍ぶりとは!?はじめてのコが来ましたドッグランに初めて訪れた、トイプードルのアポロちゃん。まだ7カ月だそうです。ほかの犬がこんなにたくさん遊んでいるところに来たことがないので、ガラス vj3v0g0000002lhp
facebook
twitter