「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

ロゴ:いぬのきもちねこのきもち

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


ほそいあやのてくてくルポ 猫専門の書店に行ってきた!

言わずと知れた書店のまち、東京・神保町に、猫の本を集めた書店があるという話を聞きました。
猫好きなら確実に立ち止まってしまうというそのお店。行ってみようじゃありませんか。今回は店主さんにお話をお聞きします。

vol.2 猫の本が100冊以上ある書店(後編)

前半に続き、にゃんこ堂の紹介です。

猫好きの人が立ち止まって見る所

店長の娘さんの姉川夕子さんは、猫本を集めたいと思い立ち、2013年6月にこの書店の一角をにゃんこ堂としてオープンさせました。
ふだんは会社員をされているので、土曜日だけお店に来ているそうです。
入荷作品やオススメ作品をフェイスブックなどで発信していると、ネットやクチコミで広がり、オープンからわずか数カ月で猫本の聖地に。
著者が自ら本を持参することも少なくないそうです。

猫の毛で猫(など)をつくる本

ここ最近で静かな盛り上がりをみせている羊毛フェルトの猫の毛版。
基本的に作り方は同じようですが、もちろん猫から毛を調達するところから始まります。

ブームのせいか、周りにも羊毛フェルト細工をしている知人が何人かいますが、猫を飼っていれば手芸屋さんに足を運ぶ回数を減らすことができるのではないでしょうか。

今度提案してみよう。というかウチの猫の毛をあげればいいのか……。

あの猫SFも

有名なSF「夏への扉」。猫小説の代表作でもありますね。

私のおすすめ「くつやのねこ」

比較的最近、賞を受賞した絵本です(私と同郷の作家さんで、地元の本屋さんでは大々的に陳列されていました。そんなワケで応援したくなるという気持ちもあるのですが……)。
まず絵の美しさに釘付けになりますが、ストーリーもすごくよいのです。
絵もお話も、ズルいくらいに可愛い!
大人にもプレゼントしたくなる絵本です。

実用的な猫グッズも

前回の猫ポーチや猫てぬぐいといった小物だけでなく、猫注意の札や、猫が遊ぶおもちゃもあります。ペットショップの域にもちょっと入ってますね。
こういった猫グッズはインターネットで見つけているそうです。

姉川さんの愛猫が猫店長をつとめている

この丸っこい茶トラは、リクオ(6才)。一応、猫店長ということになっています。
お店に来ることは少ないそうですが、店内には写真が飾られています。
お店にはリクオのフォトブック(非売品)も置かれているので、来店の際にはぜひ手に取ってみてください。

姉川さんの愛猫である猫店長のリクオ

以上、神保町にゃんこ堂でした

本日の買い物。ブックカバーは折るのがもったいないので、ポスターとして壁に貼りました。

猫好きの人へのプレゼントをお探しのさいは、ぜひ神保町へ!

次回予告

次回は、猫のおもちゃをレビューします(テラが)

ほそいさん&愛猫 プロフィール

ほそいあや

ライター&Webデザイナー。犬猫好き。7歳の時に拾った雑種犬と姉弟のように育つ。一緒に川で泳いで溺れかけた経験あり(自分が)。その数年後に猫が加わり、犬の散歩についてくるようになる。
現在はゲルマニウムローラーで野良猫をコロコロするのが趣味。
HP:http://seiten4go.com   Twitter:@hosoi

ビッキー(メス・mix・4才)

4年前の夏に海岸で地引き網をしていたら、どこからともなく薄汚い子猫がヨロヨロとやって来て人のそばで眠り始めた。
上空にはトンビが旋回していたのでとりあえず保護、里親を探すつもりで家に連れて帰るも、結局、飼うことに。育つに従いどんどん毛が長くなり、洋猫の長毛種と日本の三毛が混ざっているような説明しづらいデザインの猫となる。名前のビッキーは地引き網が由来。

テラ(オス・mix・0才)

親戚宅のお寺で通い猫が3匹の子猫を生み、そのうちの一匹を引き取る。
寺で生まれたのでテラと命名。ビッキーのことを慕っている。

 ビキ・テラ散歩、ときどきルポ

バックナンバー

いぬねこ連載
もっと見る

[PR]


vol.2 猫の本が100冊以上ある書店(後編) コラム ねこ /try/g6n2u9000000lx8p-img/g6n2u9000000lxa2.jpg 1 店長さんにお話を聞きました
言わずと知れた書店のまち、東京・神保町に、猫の本を集めた書店があるという話を聞きました。 猫好きなら確実に立ち止まってしまうというそのお店。行ってみようじゃありませんか。今回は店主さんにお話をお聞きします。 vol.2 猫の本が100冊以上ある書店(後編)前半に続き、にゃんこ堂の紹介です。猫好きの人が立ち止まって見る所店長の娘さんの姉川夕子さんは、猫本を集めたいと思い立ち、2013年6月にこの書 g6n2u9000000lx8p
facebook
twitter