「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

ロゴ:いぬのきもちねこのきもち

突撃!うわさのいぬモン・ねこモン 脳波で動くネコミミ形コミュニケーションツールnecomimi

しっぽ形ツールにも注目!

愛らしいネコのパーツといえば、しっぽ! 「necomimi」を開発したチームでは、当然のようにしっぽ版も開発していました。名前はそのまま「shippo」。「necomimi」と同じように脳波で動き、身体拡張感覚を味わえるツールだそう。

「necomimi」との違いは、スマホアプリと連動しているところ。帽子の中に取り付けた脳波センサーがshippoとスマホアプリと連動して、わくわくした場所、リラックスできた場所などをマップにタグ付けして記録させる仕組み。

たとえば、公園でかわいい犬や猫に会ってテンションが上がると、スマホアプリの地図にその場所が笑顔マークで記録され、お目当てのショップが閉店していたりしてテンションが下がると地図にはしょんぼりアイコンが記録されるような仕組みだそう。

取材で見せていただいたものには、帽子にしっぽがついたバージョンも! あえてのワイルド感を試したい人にはオススメかも。

「shippo」のプロトタイプをつけてくれたなかのさん。ボリューム感はありますが、ファッションアイテム感覚で身につけられそう。

神谷さんがかぶっているのは、しっぽとセンサーがついた帽子「bo-shippo」。コサック帽のようでちょっぴりワイルドな雰囲気!?

「shippo」をつけた女の子の街歩きが見られるこちらの動画は、ラストに思わずキュン !?……そう、ちょっぴりネタばれですが、「shippo」もまた親しい誰かと一緒に身につけて反応を確かめ合いながら楽しみたいコミュニケーションツールなのです。

取材時には、脳波連動型しっぽの商品化は未定ということでしたが、いずれはあちこちで道行く人の「shippo」が左右にゆれるほのぼのした光景が見られるようになるのかもしれませんね。

※shippoはneurowearと機楽株式会社の共同開発です。

(※音が出ます。ご注意下さい。)


 「necomimi」をつけてミーティング♪

取材協力・写真提供:neurowear/取材・文 清水たかこ

前のページ

 突撃!うわさのいぬモン・ねこモン

バックナンバー

いぬねこ連載
もっと見る

[PR]


Vol.2 編集室メンバーで「necomimi」を体験してみました【突撃!うわさのいぬモン・ねこモン】 コラム ねこ /inumon_nekomon/vj3v0g000000ghj5-img/g6n2u9000000kq6n.jpg 1 necomimiが広げる未来の可能性
Vol.2 編集室メンバーで「necomimi」を体験してみました前回は、いま世界中で注目されている「necomimi」の話題を開発チームに取材。「necomimi」がどんなものかお伝えしました。今回は編集室メンバーが「necomimi」を体験してみます。そして開発中のマル秘情報も!?「necomimi」をつけてミーティングしてみたら・・・編集室に持ち帰った「necomimi」をさっそくつけてみる vj3v0g000000ghj5
facebook
twitter