「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

ロゴ:いぬのきもちねこのきもち

ほそいあやのてくてくルポ 猫と散歩にでかけよう

前回は一か月ぶりにご近所の公園を歩きまわった室内飼い猫のビッキー。ウォーミングアップできたところで、もう少し遠くまで連れて行ってもらうことになりました。初めて訪れる緑道では、どんな散歩が待っているのでしょうか?

vol.2 緑道で犬や猫と交流!

「今度はどこに行くのかな」

これからちょっと大きい通りを渡るので、逃げ出したら大変。キャリーバッグにハーネスをしっかり繋ぎ、リードの端を手首に巻いて、万一飛び出してしまってもすぐに捕まるようにして移動します。

緑道に到着!

キャリーバッグから出してみると、すぐに我が物顔で歩き始めました。初めての場所だから探検気分なんでしょうか。

犬と遭遇

「おまえ初顔だな、というか変わった犬だな」と言わんばかりの(言ってない)犬さんとすれ違います。これにはさすがに威嚇ポーズをとるビッキー。

しっぽがいつもの胴体くらいの太さに

しっぽが限界まで膨らみ、猫という種を超えた何かになりました。犬の飼い主さんは「あらー!」と大笑い。
「毛足の長い猫が威嚇ポーズをするとタヌキになる」。これは豆知識として知っておいても損はないでしょう。得もありません。

同種には鈍感?

その後、野良猫と遭遇するも、まったく気付かないビッキー。なんとなく自分の仲間の気配を感じているようだけど……。
おい、あっちは思いっきり注目してるぞ。

志村、後ろ後ろ!

まだ気付かない。あなた今、すごーく様子を伺われていますよ。

やっと気付く

猫にはまったく警戒せずに、ずいずい接近するビッキー。明らかに自分より体が大きいけど大丈夫?……というか野良が「何、お前…」とやや引き気味。ビッキーはほかの猫に攻撃をしかけたいわけでもなく、何か用事があるわけでもなく、ただ凝視したいだけのようです。

ベンチで休憩

家の中よりも大きな世界を体験し、少し疲れてきた模様。ベンチで少し休憩をしよう。

横断歩道を渡る

次はどこに行くんだろうと思ったら、横断歩道をそそくさと渡ってみたり、歩道に座り込んでしばらく通る人や自転車をじっと見ていました。マンウォッチング?

本格的に疲れたらしい

土の上で四肢を投げ出して家のようにくつろぎ始めたビッキー。きっと土の感触が気持ちいいのだろうな。

ということで、そろそろ帰ろう。本人も満足そうな顏をしている。これからも涼しい時間を見つけて散歩に来ましょうね。

以上、本日の猫散歩でした。

次回予告

次回は、ビッキーが散歩をはじめた頃を振り返ります!

ほそいさん&モデルキャット プロフィール

ほそいあや

ライター&Webデザイナー。犬猫好き。7歳の時に拾った雑種犬と姉弟のように育つ。一緒に川で泳いで溺れかけた経験あり(自分が)。その数年後に猫が加わり、犬の散歩についてくるようになる。
現在はゲルマニウムローラーで野良猫をコロコロするのが趣味。
HP:http://seiten4go.com   Twitter:@hosoi

ビッキー(メス・mix・4才)

飼育形態:室内飼い/飼い始めたきっかけ:4年前の夏に海岸で地引き網をしていたら、どこからともなく薄汚い子猫がヨロヨロとやって来て人のそばで眠り始めた。
上空にはトンビが旋回していたのでとりあえず保護、里親を探すつもりで家に連れて帰るも、結局、飼うことに。育つに従いどんどん毛が長くなり、洋猫の長毛種と日本の三毛が混ざっているような説明しづらいデザインの猫となる。名前のビッキーは地引き網が由来。

 ビキ・テラ散歩、ときどきルポ

バックナンバー

いぬねこ連載
もっと見る

[PR]


vol.2 緑道で犬や猫と交流!【ほそいあやのてくてくルポ】 コラム いぬねこ /try/vj3v0g0000000izy-img/g6n2u9000000kpus.jpg 1 もう少し遠くまで連れて行ってもらうことになりました。
前回は一か月ぶりにご近所の公園を歩きまわった室内飼い猫のビッキー。ウォーミングアップできたところで、もう少し遠くまで連れて行ってもらうことになりました。初めて訪れる緑道では、どんな散歩が待っているのでしょうか? vol.2 緑道で犬や猫と交流!「今度はどこに行くのかな」これからちょっと大きい通りを渡るので、逃げ出したら大変。キャリーバッグにハーネスをしっかり繋ぎ、リードの端を手首に巻いて、万一飛び vj3v0g0000000izy
facebook
twitter