「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

ロゴ:いぬのきもちねこのきもち

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


いぬねこ街をぷらぷらと 癒しのいぬねこ温泉ものがたり

まだ暑さの残る9月中旬、「猫の島」として有名な田代島(たしろじま)に行ってきました!
猫好きなら一度は行ってみたいと憧れる、かの聖地。
震災から2年という月日がたち、猫たちはどのように暮らしているのでしょうか。
島や猫たちの様子を4回にわたってたっぷりレポートします。

猫好きの聖地・田代島へ!
まずは猫神様にお参り

田代島は、宮城県石巻市に属する、周囲約11kmの小さな島。石巻の港から定期船で約40〜60分ほどかかります。
船は、石巻駅からタクシーで約10分程度の網地島(あじしま)ラインの発着所から出航。石巻駅からバスもありますが、本数が少なく、船のダイヤにちょうどいいバスがないのでタクシーが便利です。船は1日3便。あらかじめ時間を調べておく必要があります(夏季は増便あり)。

この船に乗りました

田代島には、大泊(おおどまり)と仁斗田(にとだ)の2つの港があります。猫が多くいるのは仁斗田で、私が宿泊する宿も仁斗田にあるので、こちらで降ります。

仁斗田の港。震災によって地盤沈下の影響を受けたそうです

港に到着し、本日泊まる宿のお母さんが迎えに来てくださいました。島に来る観光客はほとんどが猫めあてのため、荷物を置く前にてきぱきと、猫スポットを教えてくださいます。

いよいよ猫めぐりへ!

歩き出すと、島を歩く観光客に出会いますが、みんな「猫好き」とひと目でわかります。なぜって、それぞれがカメラを持ち、背負ったリュックのポケットにはじゃらし用のおもちゃなどを挿し、何かを探すような目線で歩いているから……。

そんな方に出会うと、「猫に会いに来た」という同じ目的があるため、お互い「同士」のような一体感が生まれて、つい声をかけたくなります。島を歩きだしてすぐ、私たちが向かう方向から来た男女カップルさんが猫情報を教えてくれました。立ち話をしていると、トコトコとクリーム色の長毛猫さん登場!

ニャー! 青い目がきれいなコでした。スリーッ。ひ、人懐こい!

このコばかりにかまってはいられない。まだまだ猫はいるのだ! 情報をもとに、島の高台にある、猫を祀った「猫神社」へと向かいます。
道の途中で、ふと見るとこちらを凝視する方が…。

こ、こんにちは〜

 神社への道中も猫たちが続々!

次のページ

 いぬねこ街をぷらぷらと

バックナンバー

いぬねこ連載
もっと見る

[PR]


vol.1 まずは猫神様にお参り コラム ねこ /sanpo/g6n2u9000000m22n-img/g6n2u9000000m23y.jpg 1 いざ、田代島でねこめぐり!
まだ暑さの残る9月中旬、「猫の島」として有名な田代島(たしろじま)に行ってきました! 猫好きなら一度は行ってみたいと憧れる、かの聖地。 震災から2年という月日がたち、猫たちはどのように暮らしているのでしょうか。 島や猫たちの様子を4回にわたってたっぷりレポートします。 猫好きの聖地・田代島へ!まずは猫神様にお参り田代島は、宮城県石巻市に属する、周囲約11kmの小さな島。石巻の港から定期船で約40 g6n2u9000000m22n
facebook
twitter