「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

猫の病気・症状データベース:ブドウ膜炎についての詳細情報です。

部位から探す > 目 >
ブドウ膜炎(ぶどうまくえん)

ブドウ膜炎の症状と治療、予防方法

■解説
目にある虹彩や毛様体、脈絡膜などに炎症が起こる病気。ひっかき傷など外傷が原因の場合と、猫エイズ、猫伝染性腹膜炎、トキソプラズマ症などの病気が原因となることもある。とくに猫伝染性腹膜炎の場合は重症になることが多いので、早期の治療が必要になる。

■原因
ひっかき傷など外傷が原因の場合と、猫エイズ、猫伝染性腹膜炎、トキソプラズマ症などの病気が原因となることもある。

■症状
涙や目やにの量が増えたり、結膜炎などがみられることがあります。角膜の裏側が濁ったように見えて、前房出血が認められることがあります。

■診断
白目の充血、瞳孔の縮小、眼圧の低下、スリット検査などから診断します。

■治療方法
ブドウ膜炎を発症するきっかけになっている原疾患の治療と並行して、目そのものの炎症や細菌感染などに対する対症治療を行います。

■予防方法
予防は困難。目を気にするそぶりや羞明(まぶしいものを見たときのように目を細めるしぐさ)、涙の量が過剰に増えるなど、目の炎症を疑う症状に気づいたら、速やかに受診をして早期発見に努めましょう。


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 変化に合わせたお世話の替えどき
  • 人の風邪とは違う「猫カゼ」!
  • ざんねんな猫の生態
  • 愛猫を“のり猫”にしたい!
おすすめ特集
  • 岩合さんのネコこよみ
  • ねこの百面相
  • 愛猫用ハンドメイド
  • 猫のために何ができるのだろうか

今月号の特集試し読み


[PR]
[PR]
[PR]

[PR]