「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

ロゴ:いぬのきもちねこのきもち

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


記事詳細(ニュース記事作成用)

いぬのきもち編集室便り 「犬にまつわる星座のおはなし2」

こんにちは。『いぬのきもち』編集室のKです。すっかり秋の気配が強まってきましたね。日増しに風が冷たくなっているのを感じています。

さて、前回に引き続き、星好きなKより犬にまつわる星座のお話をお届けします。

前回は「おおいぬ座」と「こいぬ座」についてご紹介しましたが、夜空にはもうひとつ、犬にまつわる星座「りょうけん座」があります。
りょうけん座は、17世紀に独立星座に制定された比較的新しい星座ですが、全体的に暗い星が多いため、都会などの明るい場所では見つけるのが難しい星座でもあります。
そんなりょうけん座を探すには、まず北斗七星を探しましょう。誰もが一度は見たことがあるはずの、ひしゃくのような形をしたあの星座です。りょうけん座はこの北斗七星と、うしかい座のなかでオレンジ色に輝く1等星「アルクトゥールス」の間にある星座です。



北斗七星



神話では、りょうけん座はうしかい座の猟師・アルカスが連れている2頭の番犬の姿を表したものだといわれています。上(北側)の犬は「アステリオン」、下(南側)の犬は「カラ」と名付けられています。一説では「熊を追う猟師」とも呼ばれているアルカス。この星々を眺めていると、飼い主であるアルカスが、2頭の番犬におおぐま座を追わせているような姿が思い浮かびます。

うしかい座とりょうけん座の位置関係などは宇宙情報センターJAXAのサイトにわかりやすい解説が載っています。



秋冬は星を見るにはうってつけの季節。肌寒いときはふわもこの愛犬に寄り添って、空を駆ける犬の話を聞かせてみるのもいいかもしれませんね。

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・いい?悪い?ストレスって?
  • ・キレイかんたんオーラルケア
  • ・愛犬と一緒にスポーツを!
  • ・真顔犬ファンクラブ

  • ・子犬のリアル成長レポート
  • ・吠えグセ直し集中講座
  • ・ドリル! おねだり行動

  • ・愛犬のクオリティ・オブ・ライフ
  • ・「行動治療」はじめてガイド


 topics|もっと!いぬのきもち

バックナンバー

いぬねこ連載
もっと見る

[PR]


17:00:00 いぬのきもち編集室便り 「犬にまつわる星座のおはなし2」 u14v960000002xvf 特別企画 いぬ u14v960000002xvf-img/seiza.jpg 1 u14v960000002xvf-img/u14v960000002xxd.jpg 『いぬのきもち』編集室のメンバーが交代でお届けする「編集室便り」。今回は、担当Kによる星座の話をお届けします。 『いぬのきもち』編集室のメンバーが交代でお届けする「編集室便り」。今回は、担当Kによる星座の話をお届けします。 その他
facebook
twitter