ドッグフードの評価・評判の真相|獣医師監修

愛犬が毎日食べるドッグフードは、できるだけよいものを与えたい——。しかし、どんなドッグフードを選べばよいのかわからないという飼い主さんも多いでしょう。
そこで今回は、愛犬にあったドッグフードを選ぶために知っておきたい、ドッグフードに関する情報をまとめてみました。

監修/徳本一義(獣医師)

ネットで見かけるドッグフードの評判、信じていいの?

インターネット(以下、ネット)は非常に便利なツールなので、ほかの飼い主さんの口コミや何が人気なのかを調べ、ドッグフード選びの参考にする方も多いでしょう。しかし、中には特定の商品を推奨したり、宣伝したりする目的で作られたウェブサイトも。そのひとつに、「アフィリエイト」を利用したウェブサイトが挙げられます。

Q1
「アフィリエイト」とは?

アフィリエイトとは、成果報酬型の広告のことで、自身のウェブサイトやブログなどに特定の商品やサービスの広告を掲載し、訪問者がその広告をクリックして商品やサービスを購入すると、生じた利益に応じて広告を掲載した人に成果報酬が支払われるというものです。

アフィリエイト広告によって販売される商品は、化粧品や健康食品などさまざまですが、ドッグフードメーカーの中にも、アフィリエイト広告を使って商品を販売しているところがあります。

もちろん、アフィリエイト自体は悪いものではなく、正当な広告手法です。アフィリエイト広告を使って販売されているドッグフードの質が低いということでもありません。しかし、成果報酬が高いドッグフードを自身のウェブサイトで売る(報酬を得る)ために、調査方法や根拠が明記されていないランキングを紹介している人(アフィリエイター)もいるようです。

そのため、ネットの情報を参考にドッグフード選びをする際には、ドッグフードに関する知識はもちろん、目の前の情報の正確性を見極める力(メディアリテラシー)を身につける必要があるでしょう。

Q2
どうやって正しい情報かを見極めればよいの?

そのウェブサイトの情報が正しいものかどうかを知るためには、情報の根拠が示されているかを確認するほか、発信者の名前(会社名)が明らかで信頼できるか、また、専門家の見解であるかなどをチェックしてみましょう。

そのほか、特定のドッグフードを極端にほめたり、それ以外のドッグフードを批判したりしているウェブサイトの場合は、違うウェブサイトの情報や大手通販サイトの口コミなどを確認してみるのもよい方法です。

なお、どのような商品がアフィリエイト広告で販売されているのか気になる場合は、「ドッグフード アフィリエイト」などと検索してみるとよいかもしれません。

いぬのきもち WEB MAGAZINE「【獣医師から3つの質問!】間違いだらけのドッグフード選びはどれ?」
https://dog.benesse.ne.jp/lovedog/content/?id=14574

よく耳にする「ドッグフードの噂」について獣医師に聞いた!

このように、ネット上の情報がすべて信用できるものとは限らないとなると、私たちがよく耳にする「ドッグフードの噂」は、どこまで本当なのでしょうか?ここでは、気になるドッグフードに関する噂をピックアップし、獣医師の先生にお話を伺いました。

Q1
ドッグフードはグレインフリーがよいって本当?

「犬は穀類を消化できないから、ドッグフードはグレインフリーがよい」という噂。これは本当なのでしょうか?
たしかに、野生時代の犬は穀類を食べていなかったと考えられていますが、それは、穀類に含まれる炭水化物が、そのままの状態では消化できないためです。ドッグフードに使用されている穀類は、加熱調理によって炭水化物の消化性が高められているので、グレインフリーでなくても問題ありません。
もっと詳しく見る

Q2
ドッグフードに使用される「ミール」は危険?

ドッグフードに使われている「チキンミール」や「ミートミール」には、何が入っているかわからないから危険と聞いたのですが……。
日本にはペットフードの安全を守るための法律があるため、危険な原材料がドッグフード含まれることはありません。ちなみに、チキンミールは鶏肉を、ミートミールは素材を粉末状にしたものですが、粉末状にすることで傷みにくくなったり、重量あたりの栄養価が高くなったりするなど、危険どころか、さまざまなメリットが生まれることもあるのですよ。
もっと詳しく見る

Q3
ドッグフードに使われている添加物は危険?

ドッグフードに使用されている、酸化防止剤や保存料などの添加物が犬にとって有害という噂を聞きましたが、本当なのでしょうか?
法律のもと販売されているドッグフードに使用されている添加物は、⽝に危険を及ぼすものではありません。酸化防止剤や保存料などの添加物は、品質保持のために使用されています。なお、ドッグフードに使用する添加物の量は、法律によって定められており、その範囲内であれば安全であることが科学的に確認されています。
もっと詳しく見る

Q4
無添加ドッグフードの方が犬の健康によい?

「無添加ドッグフード」の方が犬の健康によいと聞きましたが、実際はどうなのでしょうか?
添加物の有無が、そのドッッグフードのよさを判断する材料にはなりません。人にもアレルギーがあるように、犬も食べ物が原因で皮膚疾患を起こしたり、素材があわずに吐いてしまったりするなど、体質にあわないケースもあるからです。大切なのは栄養バランスです。
もっと詳しく見る

Q5
国産ドッグフードの方が良質って本当?

外国産のドッグフードよりも、国産のドッグフードの方が、安全で良質だと聞きました。
法律によって、国内で流通するすべてのドッグフードの安全性や品質は確保されています。そのため、ドッグフードの安全性や品質の優劣を、産地で判断することはできません。
もっと詳しく見る

Q6
オーガニックのドッグフードの方が健康によい?

オーガニックのドッグフードは、他のドッグフードに比べると健康維持効果が期待できると聞きましたが、本当ですか?
「オーガニック」と書かれたドッグフードのほうが、ほかのドッグフードよりも優れているわけではありません。これは製品の作り方や原材料に対する説明であって、品質や安全性の高さを保証しているものではないので、素材にこだわりたいときなどの参考指標の1つにするとよいでしょう。
もっと詳しく見る

Q7
ビートパルプには硫酸系の薬剤が残っている!?

ドッグフードの原材料に使用される「ビートパルプ」に、硫酸系の薬剤が残っているという噂を聞いたのですが……。
ビートパルプは安全な原材料です。ドッグフードに使用されるビートパルプを硫酸で処理することはありません。ビートパルプなどの食物繊維に含まれる「粗繊維」を測定する場合、定められた測定方法に硫酸を用いる過程があるため、そのようなウソの噂が流れているのでしょう。しかし、犬の体に害のある成分がドッグフードに残存してはならないことは、法律で定められていますので安心してください。
もっと詳しく見る

日本で販売されるドッグフードの安全性や品質を保証する法律とは?

以上の先生のお話をふまえると、日本で流通しているドッグフードは、法律によってその安全と品質が保証されているということがわかります。では、このドッグフードの安全性や品質を保証する法律とは、一体どのようなものなのでしょうか?

ドッグフードの安全性や品質を保証する「ペットフード安全法」

日本では、2009年に「ペットフード安全法(正式名:愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律)」という、ペットフードのみを対象にした法律が制定されました。

この法律では、安全なペットフードの流通のため、守るべき基準や規格などを定め、事業者はそれを守って製造・輸入・販売することが定められています。また、仮にこの法律に違反したものが確認された場合、国は対象となるペットフードの廃棄や回収などの命令を行うことができます。

「ペットフードの表示に関する公正競争規約」というルールも

ドッグフードにはほかにも、ペットフード公正取引協議会によって制定された「ペットフードの表示に関する公正競争規約」というルールもあります。これは、消費者がドッグフードを選ぶ際に必要となる情報の提供と、業界内の公正な競争の確保を目的としたものです。

自主基準ではありますが、国内で流通しているペットフードの90%以上が、この団体に所属する事業者から販売されているものであり、市場に出ているほとんどのペットフードは、この規約に沿って表示が行われています。

愛犬にあったものを選び与えることが大切

このように、日本で流通しているドッグフードの安全性や品質は、法律などによって保障されているため、飼い主さんはそれらについて極端に心配する必要はありません。しかし、どんなに安全で良質なドッグフードであっても、愛犬の体質や年齢、健康状態などにあわなければ、健康を害するおそれがあることも事実です。

大切なのは栄養バランスですが、飼い主さんが愛犬についてよく理解し、その年齢や体質、健康状態にあったドッグフードを選ぶことが大切といえるでしょう。

ドッグフードを選ぶときのポイントや注意点とは?

では、愛犬に最適なドッグフードを選ぶ際、飼い主さんはどのような点に注意したらよいのでしょうか?

主食は必ず「総合栄養食」のドッグフードを

「総合栄養食」とは、そのフードと適量の水を与えていれば、犬の健康が維持できるように栄養バランスが整えられたものです。犬の主食として与えるドッグフードは、パッケージに「総合栄養食」と記載されたものから選びましょう。

愛犬の年齢などライフステージにあったものを選ぶ

「総合栄養食」のドッグフードといっても、さまざまな種類があります。犬に必要な栄養素のバランスや量は、個体差にもよりますが、ライフステージ(年齢や肥満などの生活状態、妊娠などの生理状態)によって変化しますので、ライフステージや犬種、愛犬の状態などにあったものを選んであげましょう。

「療法食」を与えるときは獣医師の指示に従う

特定の病気や健康状態に応じて栄養素が調整されたドッグフードを「療法食」といいますが、「療法食」を与えるときは、必ず獣医師の指示に従う必要があります。

「総合栄養食」のドッグフードの中には「○○に配慮」などと記載されたものもありますが、これらはあくまで健康な犬が病気に備えるためのもの。病気と診断されたときは、獣医師の指導のもとドッグフードを選ぶことが大切です。

原材料の表示順に惑わされない

ドッグフードの原材料名は、重量の割合の大きいものから記載するルールとなっています。しかし、これには原材料に含まれる水分量なども影響するため、原材料の表示順が、必ずしもドッグフードの栄養素の割合や質と一致するとは限りません。

ドッグフードの栄養バランスについて知りたい場合は、パッケージに記載されている主な栄養素や水分の重量比を示す、成分の保証分析値の欄を確認するとよいでしょう。

必ず「犬用」の総合栄養食にする

ペットフードには、犬用か猫用かがわかるように表示されています。犬と猫では、必要な栄養バランスなどが異なるので、必ず犬用のフードを選び与えてください。

ウェットフードとドライフード、それぞれのメリットを理解しておくことも大切

「総合栄養食」のドッグフードには、ウェットフード、ドライフード、セミモイストフードなど、さまざまな食感のものがあります。それぞれ特徴やメリットが異なりますから、よく調べてから選ぶようにしましょう。

手作りのドッグフードを与える場合の注意点

手作りのドッグフードのみで1日に必要な栄養素をまかなうためには、かなりの知識と労力が必要となります。

専門的な知識がない限り、毎日の主食には愛犬にあった総合栄養食のドッグフードを選び、手作りのドッグフードはイベント時など “たまのお楽しみ” 程度にするといいでしょう。

飼い主さんに聞いた 「与えてよかったドッグフードブランド」ランキング

「いぬのきもち」ユーザーが選んだ人気アイテムランキング2019 与えてよかったフードブランド部門

いぬのきもちでは、公式アプリ「いぬのきもちアプリ」ユーザー(340名)にご協力をいただき、2019年5月、ドッグフードに関するアンケートを実施しました。
ここでは、その結果をもとに作成したランキングをご紹介します。

いぬのきもち WEB MAGAZINE「与えてよかったフードブランド部門ランキング いぬのきもちユーザー人気ランキング2019」
https://dog.benesse.ne.jp/withdog/content/?id=43808

冒頭でもお話しした通り、ドッグフードに関するランキングサイトなどでは、興味を引くための大げさな表現や、根拠のないランキングを掲載しているサイトも少なくありません。

しかし、今回ご紹介するランキングは、実際に愛犬と生活されている飼い主のみなさんからいただいた、“生の声”に基づく根拠のあるもの。安心して参考にしていただける内容となっていますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

ロイヤルカナン(ロイヤルカナン ジャポン)

ロイヤルカナンは、世界各地に16ヶ所の工場があり、世界100カ国以上の市場で販売されている大手ペットフードメーカーです。ロイヤルカナンジャポンで取り扱っている製品は、フランス、オーストリア、オーストラリア、カナダ、韓国の工場で製造されたもので、最先端の研究のもと、世界共通の製造工程で、どの工場でも同じ高い品質のフードが作られています。

授乳期・離乳期、子犬、成犬、老犬の成長段階や犬のサイズ別のフード、柴やチワワ、プードル、ヨークシャー・テリアといった全18犬種専用のドライフードに加え、プードル、チワワ、ダックスフンドには専用のウェットフードもあるなど、幅広いラインナップがあるのも特徴です。また、ロイヤルカナンは犬の療法食も豊富で、腎臓病、結石、食物アレルギーによる皮膚疾患、心臓病、消化器疾患など、さまざまな病気や症状に対応しています。

飼い主さんが選んだ理由はこれ

・「状態にあわせて選べるので安心」(愛犬:りおんちゃん/プードル)
・「病院で扱っていて、安心感があるから」(愛犬:さくらちゃん/ミックス)
・「避妊手術後に動物病院からすすめられて」(愛犬:りんちゃん/ミニチュア・ダックスフンド)
・「愛犬が飽きずに食べてくれるから」(愛犬:ルパンちゃん/シー・ズー)

製品例

『ミニ ライト ウェイト ケア(減量したい犬用 小型犬専用 成犬~高齢犬用)』
<ケーナイン ケア ニュートリション>は、特別なケアが必要な犬のため、科学的根拠に基づいた栄養バランスとキブルの形状で開発された総合栄養食。「ミニ ライト ウェイト ケア」は、小型犬のために標準的なロイヤルカナンの製品と比較して、31%脂肪をオフしています。

いぬのきもちフードサポート ロイヤルカナン

ニュートロ™シュプレモ™(マース ジャパン)

ニュートロの親会社「マース」は、ペットフードだけでなく人用のお菓子なども展開しているアメリカの大手食品会社です。

ニュートロシュプレモは、第一主原料としてチキン、ビーフ、ラム、ダック、サーモンなどの肉が使用されており、乾燥ミールが主原料でないのが特徴のひとつ。その他の原材料には、栄養価の高い全粒穀物、野菜や果物など、高品質な素材が使われています。

また、原材料および製品ともに、自然由来の酸化防止剤が使用され、肉副産物、コーン、小麦、たんぱく源としての大豆、着色料、香料、化学合成物が不使用であることも特徴です。

飼い主さんが選んだ理由はこれ

・「添加物が少なく、家計の負担にならないものを選択した」(愛犬:ソラちゃん/ポメラニアン)
・「美味しそうに喜んで食べるから」(愛犬:どん太郎ちゃん/チワワ)
・「種類が豊富だから」(愛犬:オスカーちゃん/ミニチュア・ダックスフンド)
・「食いつきがよいと聞き、ネットの評価もよかったから」(愛犬:ナッツちゃん/ジャック・ラッセル・テリア)

製品例

『ニュートロ™ シュプレモ™ 小型犬用(成犬用)』
小さいあごや口、高い代謝エネルギーなど、小型犬の特徴を考えて作られたドッグフードです。しなやかな筋肉と体型維持のためのチキンやラム、サーモン、つややかな被毛や皮膚のための全粒穀物、ナチュラル・オイルなどが使用されています。

いぬのきもちフードサポート ニュートロ

サイエンス・ダイエット™(日本ヒルズ・コルゲート)

日本ヒルズ・コルゲートの親会社「ヒルズ・ニュートリション社」は、アメリカのペットフードメーカーです。原材料の調達と製造は、ヒルズ独自の品質基準を満たすことが求められ、出荷前には安全検査が行われるなど、徹底した管理下でドッグフードが作られています。

また、合成の着色料、香料、保存料が不使用で、最新の栄養学に基づき、50種類以上の栄養素がバランスよく配合されているのも特徴で、酸化防止剤には天然由来成分のミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、緑茶抽出物が使われています。

飼い主さんが選んだ理由はこれ

・「獣医さんのおすすめで」(愛犬:コロちゃん/柴)
・「コストパフォーマンスがよいから」(愛犬:ゆずちゃん/柴)
・「ペットショップですすめられ購入したが、いつもしっかりと食べてくれるから」(愛犬:マロンちゃん/チワワ)
・「太らなくなったので」(愛犬:モカちゃん/プードル)

製品例

『ヒルズのサイエンス・ダイエット 小型犬用 1歳~6歳 アダルト成犬用 チキン』
小型犬種の成犬期の体をサポートする栄養が、バランスよく配合されたドッグフードです。健康を維持し、本来の免疫力を保つ効果が期待できる独自の抗酸化成分ビタミンE・Cや、健康な皮膚と被毛の維持のためのオメガ3系・6系脂肪酸、歯と歯茎の健康のためのビタミンD・C、健康な骨と関節を守るためのカルシウムとグルコサミンなどが含まれています。

4位 デビフ(デビフペット)

「健康に良いこと」「おいしいこと」「選びやすいこと」「与えやすいこと」にこだわったフードブランド。ドライフードではなく、缶詰などのウェットフードが豊富にラインナップされているのが特徴です。

《製品例》
『d. b. f. ささみ&レバーミンチ』
鶏肉、鶏のささみ、鶏レバーをおもな原材料とし、食べやすい細かなミンチ状に仕上げたこちらは、高温で長時間加熱しやわらかく仕上げているので、子犬やシニア犬などでも食べやすいと評判です。

5位 ユーカヌバ(ロイヤルカナン ジャポン)

創業から50年、ライフステージや体の大きさ、活動量に応じて、犬が本来持つ健やかな身体と賢さをサポートするための食事を提供するプレミアムフードブランドです。最新の栄養学に基づき、高品質な動物性タンパク質を主原料に選び、すぐれた栄養バランスと高い消化性、おいしさを追求したフードを提供しています。また、原材料や製造工程にも厳格な管理基準を設け、品質の安心と安全を追求しています。

《製品例》
『ユーカヌバ スモール アダルト(成犬用 小型犬用)』
成犬期の小型犬の栄養ニーズに配慮し、高品質な動物性タンパク質を主原料に高い消化性と嗜好性を実現。お腹にやさしい食物繊維や、皮膚・被毛の健康維持に必要不可欠な不飽和脂肪酸を配合。小さな顎でも食べやすい超小粒のS字キブルで歯の健康にも配慮しています。

いぬのきもちフードサポート ユーカヌバ

6位 アイムス™(マース ジャパン)

長年の研究に基づき、ペットが夢中になる美味しさと、日々の健康維持に必要な栄養バランスの両立を実現したフードブランド。

7位 グラン・デリ®(ユニ・チャーム)

「グラン・デリ」とは“素晴らしいごちそう”を表す造語です。良質な素材を彩りよく使い、味・食感・栄養バランス、すべてにこだわって作られています。

8位 アーテミス(アーテミス)

ペットの食べ物も「ヒューマングレード」であることをコンセプトにした、世界25カ国以上で愛されている、アメリカ生まれのプレミアムフードブランド。

9位 愛犬元気(ユニ・チャーム)

「愛犬元気」は、おいしさと栄養バランスを考えたドッグフード。ライフステージや愛犬の健康状態に応じて、多彩な商品ラインアップを取り揃えているのが特徴です。

10位 アカナ(アカナファミリージャパン)

カナダの新鮮な原材料を使用して、 Biologically Appropriate™(生物学的に適正)なドッグ・キャットフードを製造するフードブランドです。

気になるフードブランドはありましたか?
いぬのきもちでは、飼い主さんが「購入しているフードブランド」についてもアンケート実施しておりますので、あわせてチェックしてみてくださいね。

また、人気のドッグフード(一部)が購入できるサービスも行っておりますので、ぜひご活用ください。
いぬのきもちフードサポート

いぬのきもちWEB MAGAZINE「購入しているフードブランド部門ランキング いぬのきもちユーザー人気ランキング2019」
https://dog.benesse.ne.jp/withdog/content/?id=43807

人気ドッグフード3つを比較してみた!

「与えてよかったドッグフードメーカー」ランキングTOP3にランクインしたブランドの製品のうち、そのコにあったものを実際に試してみました。

体験したのは?

ハセベサチコ(飼い主歴11年)
「いぬのきもち WEB MAGAZINE」を中心に執筆しているライター。ミニチュア・ダックスフンドのケンシロウ(11才オス)、チワワのダブ(4才オス)と暮らす愛犬家。

3つのフードを食べてくれたのは?

今回3つのドッグフードを食べてくれたのは、チワワのダブ(4才オス)です。
1才になるころに去勢手術をしてから、太りやすい体質に。さらには、散歩があまり好きではなく、気候がよい時期はイヤイヤながらも先住犬のケンシロウ(11才オス)の散歩に付き合うのですが、寒い冬の時期はハウスに閉じこもって散歩拒否を発動することも。そのため、この子は食事での体重管理が欠かせないんです……!

今回試してみたのはこの3つ!

ロイヤルカナン『ミニ ライト ウェイト ケア(減量したい犬用 小型犬専用 成犬~高齢犬用)』

ロイヤルカナン『ミニ ライト ウェイト ケア(減量したい犬用 小型犬専用 10カ月齢以上)』体験レポ

粒の大きさやかたちは?

真ん中が空洞になっている、ドーナツ型の粒。ドーナツ型の粒は砕けやすく、水分を吸収しやすいので、胃の中でスムーズに消化吸収されるというメリットがあるそうです。
粒の大きさは1cmくらいなので、あごの小さいチワワでも、とっても食べやすそうでした。

フードのニオイは?

袋を開けたときのニオイもきつくないので、ドッグフードの独特なニオイが苦手という飼い主さんでも、取り扱いやすいと思います。

食いつきのよさは?

最初の1週間くらいは、いつも与えていたフードに混ぜながら与え、徐々にこちらの量を増やしていく形で切り替えましたが、食いつきは抜群です! 毎日あっというまに完食してくれました♪

食べさせてからの変化は?

Before

After

こちらのフードを食べさせた期間はおよそ1カ月。目に見えてわかる変化といえば、ウンチの量が減ったこと。じつはこれ、ドッグフードの消化がよい証拠だそうです。また、ウンチのニオイも今までよりきつくなくなったように感じます。
ほかにも、毛にまとまりが出て、毛並みがよくなったような……。

約1カ月間使ってみた感想

ロイヤルカナンといえば、個人的には「動物病院でおすすめされるドッグフード」「療法食の種類が豊富なフードブランド」といったイメージがあったので、初めてでも毎日安心して愛犬に与えることができました。もちろん、皮膚が荒れたり、体調を崩したりすることもなかったです。

油断するとすぐに増える体重ですが、しっかりとキープできたのもよかったです。もう少し続けてみたら、減量もできるかもと期待しています♪

ニュートロ シュプレモ 『超小型犬‐小型犬用 体重管理用』

ニュートロ シュプレモ 『超小型犬‐小型犬用 体重管理用』体験レポ

粒の大きさやかたちは?

直径1cmくらいの平たい楕円形の粒。平たい粒は厚みがない分、犬が丸飲みしてしまっても、のどに詰まりにくいそうですよ。うちの子は丸飲みしがちなので、これはうれしいポイントです。

フードのニオイは?

フードのニオイはかなり控えめ。ロイヤルカナン同様、ドッグフードのニオイが苦手な飼い主さんでも扱いやすいと思います。

食いつきのよさは?

食いつきはかなりよく、いつにもまして“ゴハンちょうだいアピール”がすごかったです!毎日しっかりと完食してくれましたよ◎

食べさせてからの変化は?

Before

After

約1カ月間与えましたが、毛のボリュームが増えたように感じます。ロイヤルカナンのフードを与えていたときは、毛にまとまりが出たのですが、こちらに切り替えてからは、フワフワな毛になりました。また、ウンチの量は若干ですが増え、ツヤが出たように感じます。

約1カ月間使ってみた感想

もともと食べることが大好きなこの子。ロイヤルカナンのフードもとてもおいしそうに食べていましたが、こちらを食べるときの勢いはいつも以上にすごい……(笑)おそらく、かなり愛犬好みの味なんだと思います!

そのためか、ゴハンの時間は少し興奮してしまうこともあり、飼い主としてはチョット大変なところもありました。とはいえ、愛犬がうれしそうに食べている姿は、とてもかわいかったです。皮膚トラブルや体調不良なども起こさなかったので、安心して与えられるフードだと感じました。

ヒルズのサイエンス・ダイエット™ 『ライト 小型犬用 肥満傾向の成犬用 1歳~6歳』

ヒルズのサイエンス・ダイエット™ ライト小型犬用 肥満傾向の成犬用 1歳~6歳 体験レポ

粒の大きさやかたちは?

直径5mmくらいの円形の粒で、これまで試したなかではもっとも小粒。ややオイリーな印象も受けました。

フードのニオイは?

お試しした3つのドッグフードのなかでは、もっともニオイを感じました。ただ、ニオイが強いというわけではないので、ドッグフードのニオイが苦手な飼い主さんでも扱いやすいと思います。

食いつきのよさは?

食いつきはとてもよかったです。小粒で食べやすいのか、毎日あっという間に完食してくれました。

食べさせてからの変化は?

Before

After

前回、ニュートロのドッグフードを約1カ月間与えたところ、毛がフワフワになってボリュームが増えたのですが、こちらに切り替えてからは、まとまりが出るように。また、体重が少し減ったこともあり、全体的に少し引き締まった印象になりました。
ウンチの量はとくに変わりませんでしたが、ニオイがやや独特なものに変化したように感じます。

約1カ月間使ってみた感想

うちの子は歯が小さいので、こちらの小粒タイプのドッグフードはかなり食べやすそうにしていました! ただ、本当にあっという間に食べ終わってしまうので、「早食いしすぎなのでは?」と少し心配になることも……。とはいえ、少しですがダイエット効果もあったので、飼い主としてはうれしいところです♪

サイエンス・ダイエットは、ドラッグストアやスーパーなどでも取り扱っているところが多く、ほかの2つと比べると、より身近な印象があったドッグフード。皮膚トラブルや消化不良なども起こさなかったので、安心して続けられる商品だと感じました。

人気ドッグフードメーカー比較表

商品名
ロイヤルカナン ミニ ライト ウェイト ケア
(減量したい犬用 小型犬専用 成犬~高齢犬用)
ニュートロ シュプレモ
超小型犬‐小型犬用 体重管理用
ヒルズのサイエンス・ダイエット™ ライト
小型犬用 肥満傾向の成犬用 1歳~6歳
原材料
肉類(鶏、七面鳥)、コーン、大麦、米、植物性分離タンパク(消化率90%以上)、コーングルテン、植物性繊維、動物性油脂、加水分解タンパク(鶏、七面鳥)、ビートパルプ、魚油(オメガ3系不飽和脂肪酸源)、酵母および酵母エキス、大豆油、サイリウム、フラクトオリゴ糖、ルリチシャ油、緑茶抽出物(ポリフェノール源)、マリーゴールドエキス (ルテイン源)、アミノ酸類(タウリン、L-カルニチン)、セルロース、ポリリン酸ナトリウム、ミネラル類(Ca、Cl、Mg、Na、K、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(A、コリン、D3、E、C、パントテン酸カルシウム、B6、ナイアシン、葉酸、B1、B2、ビオチン、B12)、保存料(ソルビン酸カリウム)、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル) チキン(肉)、チキンミール、玄米、米糠、粗挽き米、オーツ麦、ビートパルプ、タンパク加水分解物、ラムミール、サーモンミール、鶏脂*、ひまわり油*、亜麻仁、ココナッツ、チアシード、乾燥卵、トマト、ケール、パンプキン、ホウレン草、ブルーベリー、リンゴ、ニンジン、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、D3、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、ミネラル類(カリウム、クロライド、セレン、ナトリウム、マンガン、亜鉛、鉄、銅)、アミノ酸類(メチオニン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、クエン酸)
*ミックストコフェロールで保存
トリ肉(チキン、ターキー)、トウモロコシ、小麦、エンドウマメ、コーングルテン、米、トリ肉エキス、セルロース、動物性油脂、ビートパルプ、植物性油脂、ポークエキス、亜麻仁、トマト、柑橘類、ブドウ、ホウレンソウ、ミネラル類(カルシウム、ナトリウム、カリウム、クロライド、銅、鉄、マンガン、セレン、亜鉛、ヨウ素)、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、ベータカロテン、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン、コリン)、アミノ酸類(タウリン、リジン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、緑茶抽出物)、カルニチン
保証分析値
たんぱく質:28.0%以上
脂質:9.0%以上
粗繊維:7.6%以下
灰分:5.7%以下
水分:10.5%以下
たんぱく質:24.0%以上
脂質:10.0%以上
粗繊維:4.0%以下
灰分:10.5%以下
水分:10.0%以下
たんぱく質:22.0%以上
脂質:9.0%以上
粗繊維:15.0%以下
灰分:6.5%以下
水分:10.0%以下
代謝エネルギー
337 kcal/100g 335kcal/100g 314kcal/100g

正しい知識をもって、愛犬にあったドッグフードを見極めよう

繰り返しになりますが、ドッグフードに関するランキングサイトや比較サイトは、誤った情報が掲載されていることも少なくありません。そのため、愛犬にあったドッグフードを選ぶためには、飼い主さんがドッグフードに関する正しい知識を身に着けることが非常に重要といえるでしょう。

また、もしドッグフード選びに不安が残る場合は、かかりつけの獣医師に相談するのもよい方法です。

愛犬にピッタリのドッグフードを見つけて、健康管理に役立てましょう!

※ランキング/2019年5月「いぬのきもちアプリ」内調査(回答者数 340人)
※ペットフードに関する体験談はあくまで飼い主の声に基づいたものであり、使用感には個体差があります。


監修/徳本一義(獣医師)

へリックス株式会社代表取締役社長。大学卒業後、小動物臨床を経て、ペットフード会社で学術部門を担当。現在は、複数の獣医科大学の非常勤講師を兼任。ペット栄養学会理事。ペットフード協会新資格認定制度実行委員会委員長。