「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

ロゴ:いぬのきもちねこのきもち

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


記事詳細(ニュース記事作成用)

春の予防医学講座、開講します!

いぬのきもち』2017年3月号では「春の予防医学講座、開講します!」を特集。
ワクチン接種をする春に、各種予防薬の投与や健康診断、日常生活まで犬の予防医学について知っておきましょう。


※この記事は「いぬのきもち」から抜粋しています。もっと詳しく見たい方は「いぬのきもち」をお申し込みのうえ読んでくださいね!



犬の飼い主さんの義務、狂犬病ワクチン

犬 いぬのきもち オオカミ

予防医学の代表であるワクチン接種。
ウイルスや細菌を原因とする病気のうち、感染力の強いもの、重症化して命にかかわる可能性があるものを予防します。

なかでも狂犬病は、犬だけでなく人を含む多くの動物に感染し、感染すると必ず命を落とす怖い病気。
そのため日本では、狂犬病ワクチンはすべての犬に接種することが法律で義務づけられています。

狂犬病ワクチンは、自治体から送付される案内にしたがって4~6月に接種します。
混合ワクチンは義務ではありませんが、病気から愛犬を守るために定期的(成犬は一般に1年に1回)に接種しましょう。

また、狂犬病と混合ワクチンの接種は、1~4週間あける必要があります。



ワクチン接種の種類やタイミングは?

狂犬病ワクチンの最初の接種は、生後91日(13週以降)30日以内に。
生後91日以降に犬を迎えた場合は、迎えてから30日以内に接種しましょう。
2年目以降は、年に1回必ず接種します。

日本は、現在、狂犬病の撲滅に成功していますが、海外からの感染・流行を防ぐ意味で、すべての犬が接種しておく必要があります。

混合ワクチンは、母犬から受け継いだ免疫の効果が切れる生後8~16週のタイミングで3回接種します。
目安は、生後8~9週、生後12~13週、生後14~16週です。年目以降は年に1回接種します。

混合ワクチンには多くの種類がありますが、5~9種混合が一般的です。どれを選ぶかは主治医とよく相談しましょう。

※代表的な混合ワクチンの種類と予防できる病気の一覧は「いぬのきもち」2017年3月号にわかりやすい表でまとめています





いかがでしたか? 
このほかにも「いぬのきもち」2017年3月号「春の予防医学講座、開講します!」では、このほかフィラリアやノミ・ダニの予防についても詳しく解説しています!

正しい知識をもって愛犬の健康を管理していきましょう。

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・犬目線で考えよう!飼い主さんの問題行動!
  • ・かわいい♥ かくれんぼ犬
  • ・春の予防医学
  • ・普段使いの健康食材

  • ・吠えない犬育成計画
  • ・初めてしつけ①トイレ&ハウス
  • ・歯磨き成功への道

  • ・愛玩動物飼育管理士への道 抜き打ちテスト!
  • ・犬の慢性疾患を悪化させない
  • ・犬は言葉を理解するのか?


 topics|もっと!いぬのきもち

バックナンバー

いぬねこ連載
もっと見る

[PR]


10:00:00 春の予防医学講座、開講します! nvodft0000001ebu 特別企画 いぬ nvodft0000001ebu-img/nvodft0000001edr.jpg 1 nvodft0000001ebu-img/nvodft0000001edt.jpg 『いぬのきもち』2017年3月号では「春の予防医学講座、開講します!」を特集。ワクチン接種をする春に、各種予防薬の投与や健康診断、日常生活まで犬の予防医学について知っておきましょう。 『いぬのきもち』2017年3月号では「春の予防医学講座、開講します!」を特集。ワクチン接種をする春に、各種予防薬の投与や健康診断、日常生活まで犬の予防医学について知っておきましょう。 病気・健康
facebook
twitter