「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

ロゴ:いぬのきもちねこのきもち

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


記事詳細(ニュース記事作成用)

合併症を防ぐために前向きに…糖尿病と戦うアオちゃんのお話

いぬのきもち』で連載している、「困難と闘う!……その先のしあわせへ」。障がいや重い病気を抱えながらも、今を一生懸命に生きる犬たちと飼い主さんの物語を紹介しています。
今回で最終回となるアオちゃんのお話しは、具体的な毎日のお世話方法と、闘病を前向きに乗り越えるコツをご紹介します。



※1回目の記事はコチラで公開しています。


※2回目の記事はコチラで公開しています。



※この記事は「いぬのきもち」から抜粋しています。「いぬのきもち」をお申し込みはこちら。

犬 いぬのきもち ハンディキャップ

合併症を防ぐために前向きに闘病を続ける



高血糖を抑えて、神経障害や腎障害などの深刻な合併症を防ぐことと、減ってしまった体重を2㎏ほど戻すことが、アオちゃんの今後の課題です。「獣医さんの指導をよく聞いて、できる限りの治療を続けたい」と話す狩野さんの表情に悲壮感はなく、強い気持ちと、飼い主の愛情と責任感が見てとれました。しかし、そんな狩野さんにも、かつてはアオちゃんの体調が心配で、眠れない夜が続くこともあったそうです。



「『今日はだるそうだな』と思うと、やっぱり血糖値が上がっていて……。明日こそ下がりますようにと願ったりしました。必要以上に低血糖を気にしたこともありました」



毎日のお世話と工夫



血糖値を上げないためには、毎日の運動と、毎食後のインスリン注射が欠かせません。また、ほぼ毎週、血液検査を受けています。

犬 いぬのきもち ハンディキャップ

カロリー摂取量を守るためにゴハンは1日2回。高血糖を防ぐために、低脂肪・低カロリーのフードで、1食につき120gと摂取量が決められている。毎回キッチンスケールで1gまできちんと計量する

犬 いぬのきもち ハンディキャップ

市販の尿糖検査紙も活用する。検査紙をオシッコに浸すと、色の変化で血糖値の状態をおおまかに知ることができる。闘病をはじめた当初、体調が悪そうなときの確認に使っていたそう

犬 いぬのきもち ハンディキャップ

朝晩の毎食後にインスリン注射。ペンタイプの注射器に薬剤をセット。立った状態で首の後ろの皮膚を引っ張って伸ばし、注射針を刺して5秒待てば完了。注射セットは冷蔵庫で保管します

犬 いぬのきもち ハンディキャップ

市販のおやつは与えない。部屋でおとなしくしていてほしいときなどには、カロリーに影響せず、水分も補給できる生のキュウリやゆでキャベツの芯などをごほうびに

犬 いぬのきもち ハンディキャップ

1週間に1回程度は動物病院へ。血液検査で血糖値を測定し、変化に応じて薬の量を調整。結果は振り返って確認できるようノートに貼りつけて、体調や薬の量も記録しています





ある日、アオちゃんとクーちゃんの様子を観察していたときに訪れたひとつの気づきが、狩野さんを救います。
「アオに元気がなくて、私が落ち込んでいたら、クーまでしょんぼりしていたんです。みんなで落ち込んで、いっそう暗くなってしまっていいことがない。そう気がついてから、『くよくよしても仕方がない!』と気持ちを切り替えられるようになりました」



狩野さん、アオちゃん、クーちゃんの固い絆が、前向きな闘病生活を支えています。

犬 いぬのきもち ハンディキャップ


アオちゃんのかかりつけ医、ガレン動物病院 奈倉正典先生のコメント




犬の糖尿病は悪化するまで気がつきにくい病気です

予防のためには、オシッコの量などを日ごろからよく観察し、肥満をさせないように注意を。シニアになったら、半年に1回は血液検査を受けましょう。ほとんどの場合、食事療法と運動に加えた、インスリン注射による血糖値の調整が治療の要になります。放置せず良好な状態を維持しながら合併症を防ぐことで、充実した生活をおくれるはずです。



いぬのきもち」で連載している、「困難と闘う!……その先のしあわせへ」。障がいや重い病気を抱えながらも、今を一生懸命に生きる犬たちと飼い主さんの物語を紹介しています。


※「困難と闘う!……その先のしあわせへ」は奇数月の号に掲載しています。

バックナンバーのお申し込み方法

いぬのきもち今月号はこちらから

無料LINEスタンプ配信スタート!!

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・健康寿命を延ばす秘訣とは?
  • ・コツコツほけの秘密を知ろう!
  • ・11/1は犬の日 プレゼントbookを作ろう

  • ・子犬のリアル成長レポート
  • ・愛犬にピッタリグッズ
  • ・ひとり遊び上手にできる?

  • ・もっと楽しめる!スゴい先輩教えて!
  • ・ミニマリストと犬の暮らし


 topics|もっと!いぬのきもち

バックナンバー

いぬねこ連載
もっと見る

[PR]


10:00:00 合併症を防ぐために前向きに闘病を続ける「困難と闘う!……その先のしあわせへ」第3話 u14v96000000185f 特別企画 いぬ u14v96000000185f-img/_AA_9513.jpg 1 u14v96000000185f-img/u14v96000000187e.jpg 『いぬのきもち』奇数月号では、障がいや重い病気を抱えながらも、今を一生懸命に生きる犬たちと飼い主さんの物語を連載しています。今回は『いぬのきもち』7月号より糖尿病をインスリン注射で治療。視力も失ってしまったアオちゃんのお話を3回に分けてご紹介します。
『いぬのきもち』奇数月号では、障がいや重い病気を抱えながらも、今を一生懸命に生きる犬たちと飼い主さんの物語を連載しています。今回は『いぬのきもち』7月号より糖尿病をインスリン注射で治療。視力も失ってしまったアオちゃんのお話を3回に分けてご紹介します。
病気・健康
facebook
twitter