「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

ロゴ:いぬのきもちねこのきもち

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


記事詳細(ニュース記事作成用)

殺処分ゼロを継続している、神奈川県動物保護センターとボランティア団体の活動(4)

ねこのきもち』2015年6月号「ねこのために何ができるだろうか」では、平成26年度、一度も猫の殺処分を行わなかった神奈川県動物保護センターとボランティア団体の活動を紹介しています。
最終回の今回は、センターと飼い主のいない猫たちの今後についてです。


※記載内容はすべて平成27年4月10日時点のものです。



※1回目の記事はコチラで公開しています。


※2回目の記事はコチラで公開しています。


※3回目の記事はコチラで公開しています。



※この記事は「ねこのきもち」から抜粋しています。「ねこのきもち」のお申し込みはこちら。

目標を達成する鍵は終生飼育の浸透



神奈川県動物保護センター(以下、センター)に持ち込まれる猫の多くは、「ノラ猫から生まれた子猫」と「飼い主に捨てられた猫」。前者の対策は現在模索中で、地域猫活動の成功事例などを検証しているところなのだそうです。



後者の飼育放棄された猫については「愛猫を生涯大切に育てること。これを飼い主さんにお願いするしかありません。猫の寿命は長くて20年。生活環境が変わって、飼えなくなる事情が生じることもあるでしょう。そのとき、安易にセンターへ持ち込むのではなく、自ら新しい飼い主さんを探すなど、責任を果たしてもらいたい」と秋山さん。



呼びかけ続ければ、すぐには無理でも、飼い主さんが意識を高めてくれるだろうと信じているそうです。

猫 ねこのきもち ボランティア 保護

センターの掲示板には、そこから引き取られ、幸せに暮らしている猫たちの様子が紹介されています

猫 ねこのきもち ボランティア 保護

殺処分される猫の多くが子猫。センターといっしょに活動しているボランティア団体には、乳飲み猫を引き取り、育ててくれるスタッフを随時募集しているところもあるそうです





現状の“殺処分ゼロ”を継続しつつ、“引き取りゼロ”という真のゴールを目指し、センターとボランティア団体は今日も活動を続けています。



■問い合わせ先
神奈川県動物保護センター
電話:0463-58-3411

たんぽぽの里

「ねこのきもち」2015年6月号の注目企画は『ねこのために何ができるだろうか』。
殺処分ゼロを1年以上も継続している神奈川県動物保護センターとボランティア団体の活動を紹介しています。


※『ねこのために何ができるだろうか』は偶数月の号に掲載しています。



バックナンバーのお申し込み方法

ねこのきもち今月号はこちらから


無料LINEスタンプ配信スタート!!

ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 猫のストレスランキング
  • Let‘s ニャイエット
  • タイプ別 人好き猫の育み方
  • 猫友をつくろう
おすすめ特集
  • 岩合さんのネコこよみ
  • 愛しの猫ピン!
  • 秋こそ念入りお掃除どき
  • 猫のために何ができるのだろか

今月号の特集試し読み


 topics|もっと!ねこのきもち

バックナンバー

いぬねこ連載
もっと見る

[PR]


10:00:00 猫のために何ができるのだろうか〜神奈川県動物保護センターとボランティア団体の活動(4)〜 u14v9600000015e7 特別企画 ねこ u14v9600000015e7-img/u14v9600000015g0.jpg 1 u14v9600000015e7-img/u14v9600000015g2.jpg 連載より、平成26年度、一度も猫の殺処分を行わなかった神奈川県動物保護センターとボランティア団体の活動を紹介します。 連載より、平成26年度、一度も猫の殺処分を行わなかった神奈川県動物保護センターとボランティア団体の活動を紹介します。 保護活動
facebook
twitter