「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

ロゴ:いぬのきもちねこのきもち

記事詳細(ニュース記事作成用)

いつまでも一緒に 愛猫を長生きさせるために大切な6つのこと
猫

愛猫は大切な家族の一員。できることなら長生きしてもらい、一緒に過ごせる時間が増えるといいですよね。


この記事では、「愛猫が長生きすることにつながる6つのこと」を紹介します。ぜひ実践してください!



①猫に対しておおらかに接する


猫がイタズラをしたときに飼い主さんが神経質に怒ると、猫はストレスで免疫力が下がり、病気になってしまうことも……。


猫に対する「おおらかさ」は、ご長寿術といえそうです。



②異変を感じたら、早めに動物病院に連れて行く


ご長寿の猫を飼っている人たちに共通するのは、「愛猫の異変に敏感で、すぐさま動物病院に行くという心がけ」が見られます。


早めの受診は病気の早期発見にもなるので、長生きにつながります。



③外を見ることができたり、日向ぼっこができる環境を心がけている


ご長寿猫の飼い主たちが声を揃えているのは、「外の景色を見られるようにしている」「日なたぼっこさせている」という意見。


室内飼いだからこそ、このふたつが叶う環境は猫にとって嬉しいことでしょう。



④猫のニーズを満たす環境づくりをしよう


③の「外が見えるように」のほかにも、次のような環境づくりが大事に。



・爪とぎ器を置く
・お気に入りの場所をつくる



愛猫が喜ぶ環境にすることを心がけましょう。



⑤愛猫それぞれに最適なフードを用意


もし猫を多頭飼いしているのであれば、猫それぞれの年代に合ったフードを選ぶのが理想的◎


健康に問題があれば、療法食を与えるのも効果的でしょう。



⑥病気のサインは見逃さないように!


愛猫に元気でいてもらうには、病気のサインを見逃さないことが重要に。病気のサインが表れやすいのは……



・食欲
・飲水量
・排泄物
・体重



などの変化。これらを頻繁に確認しましょう。


猫

愛猫が長生きするためにも、以上の6つのポイントを心がけるようにしてみてください!
絶えず、愛情をもって接してあげましょうね。



出典/「ねこのきもち」2016年10月号『全国のオーバー還暦猫が大集合! リアルライフからわかったご長寿術』
文/二宮ねこむ
※写真はアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」にご投稿いただいたものです。





 topics|もっと!ねこのきもち

バックナンバー

いぬねこ連載
もっと見る

[PR]


10:00:00 いつまでも一緒に 愛猫を長生きさせるために大切な6つのこと mp1h7c0000004vvx 記事 ねこ mp1h7c0000004vvx-img/toukou_201708_142.jpg 1 愛猫は大切な家族の一員。できることなら長生きしてもらい、一緒に過ごせる時間が増えるといいですよね。この記事では、「愛猫が長生きすることにつながる6つのこと」を紹介します。ぜひ実践してください! 愛猫の長生きのために大切な6つのことを解説! schtik;病気・健康
facebook
twitter