「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

ロゴ:いぬのきもちねこのきもち

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


穴澤賢の犬のはなし 穴澤賢の犬のはなし

ヒト化?する犬たち
ベッドで寝る「穴澤賢の犬のはなし」

わが家では、寝るときに大吉も福助も人間用ベッドにあがっていいことにしている。おかげでベッドは抜け毛だらけだが、それはまぁ仕方ないとして、これまで犬と暮らしてきて不思議に思うことがある。

ベッドで寝る「穴澤賢の犬のはなし」

本来、犬は人間のベッドで眠る習慣はない。ひと昔前の「犬の飼い方」から考えてみてもあり得ないことかもしれない。子どものころは犬小屋に入ってでも犬といっしょに眠りたくてしょうがなかったが、犬のほうが嫌がったし、人がそばにいると寝ようとはしなかった。たとえ飼い主であっても、本能的に睡眠という無防備な状態をあまり見せたくなかったのだろう。

ベッドで寝る「穴澤賢の犬のはなし」

そのころから比べると、犬の飼い方も随分変わった。室内飼いが当たり前になり、大人になってからはじめての犬「富士丸」とも、狭い1DKで「飼う」というよりはほとんど「同居」という感じで暮らしていた。しかし当時は「しつけをしっかりしなくては」という意識が強く、富士丸を人間用のベッドにあげることはなかった(当時はシングルベッドだったので大型犬と人間が寝るのは物理的にも無理があった)。そんなわけで、富士丸はベッドの脇にこしらえた専用の寝床で毎晩眠っていた。

ベッドで寝る「穴澤賢の犬のはなし」

富士丸が子どものころに実家で飼っていた犬と違ったのは、そばに人がいようと、たとえそれがうちに遊びに来たお客さんであったとしても、平気で爆睡することだった。家飲みなどでワイワイやっている横で、夢でも見ていたのか突然白目を向いて足をバタつかせたりするので、よくみんなで笑ったものだった。犬が本気で眠る姿を見たのは、富士丸が最初だった。そのうち、しつけとかルールが段々ゆるゆるになってきて別にベッドにあがってもいいようになったが、それでも一度ついた習慣からか「ちゃんと眠る」ときは、富士丸はベッドから降りて自分用の寝床で寝るのだった。

 少しずつ変わっていった大福コンビの睡眠スタイル

次のページ

 穴澤賢の犬のはなし

バックナンバー

いぬねこ連載
もっと見る

[PR]


ヒト化?する犬たち コラム いぬ /story_anaz/g6n2u9000000unmd-img/g6n2u9000000unns.jpg 1 少しずつ変わっていった大福コンビの睡眠スタイル
ヒト化?する犬たちわが家では、寝るときに大吉も福助も人間用ベッドにあがっていいことにしている。おかげでベッドは抜け毛だらけだが、それはまぁ仕方ないとして、これまで犬と暮らしてきて不思議に思うことがある。本来、犬は人間のベッドで眠る習慣はない。ひと昔前の「犬の飼い方」から考えてみてもあり得ないことかもしれない。子どものころは犬小屋に入ってでも犬といっしょに眠りたくてしょうがなかったが、犬のほうが g6n2u9000000unmd
facebook
twitter