「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

ロゴ:いぬのきもちねこのきもち

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


穴澤賢の犬のはなし 穴澤賢の犬のはなし

2頭目を迎えて〜福ちゃんの気持ち〜その4

1カ月ほどかけて、ようやく我が家にも慣れ、心を開きかけていた福助。しかし一泊入院から戻ってきたら、また距離を置くようになったのだった。いったいなぜなのか……。

一日ぶりに病院に迎えに行ってみると、そこにはムスッとした福助がいた。実は密かに今回一泊入院することで、福助の心に「もう、どこに行ってたんだよ!」とか「さびしかったんだよ!」とか、「早く家に帰ろうよ!」といった感情が芽生えるのではないか。そのことにより、距離がグッと縮まる、いうなれば起爆剤になるのでは、という淡い期待を抱いていた。甘かった。まったくもってノーリアクションとは予想もしていなかった。

これが大吉だったら、おそらくしっぽをちぎれんばかりに振りながら、文句を言いたいんだけど嬉しい気持ちが上回ってしまうために「んぎょわわわわ〜ん」とかわけのわからない声を発したりするところなのに。まぁ生まれてこのかた怖い思いなんかほとんどしたことがない大吉と比べたら可愛そうだが、まさか無反応とは。

身体に触っても怒りはしないが、「あの、やめてもらえます?」というどこかよそよそしい態度の福助。あれだけ好きだった大吉にも近寄らず、そっぽを向いている。病院から出て車に乗せようとしても拒むので無理矢理乗せて「さぁ、家に帰ろうか」と声をかけても無視。なんだその思春期のガキみたいな態度は、と思ったが犬でいえばまさに思春期のガキか、まだそこまでもいっていないくらいだろう。面倒くさいなぁと思いながら車を走らせる。

信号待ちの度に振り返るが、福助は無表情のまま。迎えに来てもらった嬉しさもなければ、安心した様子もない。かといって、怯えている感じでもないから心底嫌ではないのだろう。見た目は落ち着いてはいるが、内心戸惑っている。そんな印象だった。いったいどこに戸惑う理由があるというのだ。

 福助の態度の変化を自分なりに考える

次のページ

 穴澤賢の犬のはなし

バックナンバー

いぬねこ連載
もっと見る

[PR]


2頭目を迎えて〜福ちゃんの気持ち〜その4 コラム いぬ /story_anaz/g6n2u9000000rth6-img/g6n2u9000000rtil.jpg 1 一泊の入院後、新入り犬・福助が再び心を閉ざした!? ……ナゼ?
2頭目を迎えて〜福ちゃんの気持ち〜その41カ月ほどかけて、ようやく我が家にも慣れ、心を開きかけていた福助。しかし一泊入院から戻ってきたら、また距離を置くようになったのだった。いったいなぜなのか……。一日ぶりに病院に迎えに行ってみると、そこにはムスッとした福助がいた。実は密かに今回一泊入院することで、福助の心に「もう、どこに行ってたんだよ!」とか「さびしかったんだよ!」とか、「早く家に帰ろうよ! g6n2u9000000rth6
facebook
twitter