「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

ロゴ:いぬのきもちねこのきもち

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


穴澤賢の犬のはなし 穴澤賢の犬のはなし

Vol.48 犬との暮らしの私のスタンス

先日、出版社が拙著の文庫化記念パーティーを開いてくれた。その席で犬好きノンフィクションライターの『片野ゆかさん』をゲストに招いて、犬にまつわる話をしたのだが、2人して「そうですよねぇ」と深く共感したことがある。というのは、この10年ほどで犬のしつけや暮らし方が大きく変化したということ。

昔は犬といえば庭か玄関で飼うものだったが、いつのころからか室内飼いが増え、富士丸を迎えた2002年ころには保護団体から犬を引き取る際は室内飼いが譲渡条件(飼い主さん募集の場合)になっていたほどだった。犬のしつけ方についても、さまざまなことが言われはじめた時期だったように思う。子どものころから犬と暮らしていたとはいえ、大人になってはじめて飼う犬で、しかも大型犬だったため、いろいろなことに悩み、情報を集めようとしたものだ。

当時頭を悩ませていたのは、散歩中にリードを馬車馬のごとく引っ張ることと、留守中の破壊活動だった。そのころは夜勤の派遣社員をしていたので、暇な時間を見つけてはインターネットで犬のしつけについて調べていた(私的にパソコンを使っちゃいけないんだけど、当時はまだ甘かった)。そして、そこに書かれてあったことを次々に試していった。

出かける前の30分くらいは無視する、帰宅してもしばらくは無視する、叱らない、いけないことをしたら目を合わせない、などなど。結果は、どれもこれといった効果はなかった。疲れて帰ると毎回トイレシートはビリビリに破られているし、散歩に行けばグイグイ引っ張る。そんな富士丸の姿を見ているうちに「もしかしたらこいつは馬鹿で、これは一生治らないのかもしれない」と思ったこともあった。

 犬との暮らしの私のスタンス<後編>

次のページ

 穴澤賢の犬のはなし

バックナンバー

いぬねこ連載
もっと見る

[PR]


Vol.48 犬との暮らしの私のスタンス コラム いぬ /story_anaz/g6n2u9000000njec-img/g6n2u9000000njfp.jpg 1 この10年で変化した犬のしつけや暮らし方
Vol.48 犬との暮らしの私のスタンス先日、出版社が拙著の文庫化記念パーティーを開いてくれた。その席で犬好きノンフィクションライターの『片野ゆかさん』をゲストに招いて、犬にまつわる話をしたのだが、2人して「そうですよねぇ」と深く共感したことがある。というのは、この10年ほどで犬のしつけや暮らし方が大きく変化したということ。昔は犬といえば庭か玄関で飼うものだったが、いつのころからか室内飼いが増 g6n2u9000000njec
facebook
twitter