「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

ロゴ:いぬのきもちねこのきもち

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


穴澤賢の犬のはなし 穴澤賢の犬のはなし

Vol.45 初心者ペットブロガーのためのカンタン(適当)写真講座〜その3

ペットブログの初心者に向けて写真の撮り方やコツなどをアドバイスする勝手に始めたこのコーナー。ちなみに、これはあくまでも自己流であり、プロのカメラマンでもなんでもないので、すごく適当です。今回は実際に撮ってみるときのお話をしたいと思います。

ブログ用の写真を撮る上で気をつけること

さて、いよいよ今回から具体的なアドバイスをしていきたい。カメラ初心者でもわかりやすいようになるべく難しい言葉は使わないようにするけれども、これからブログの写真を少しでもよく撮りたいと思っているのなら、最低限覚えておいたほうがいい言葉もあるので、ついてきてください。

まず部屋を片付ける

これは写真を撮る以前の問題。家で撮る写真には、どうしても背景に脱いだ服とか雑誌などが写り込んでしまいがちだが、なるべく避けたほうがいい。なぜならせっかく犬や猫が可愛く撮れているのに、後ろに余計なものが写っていると、なんとなく生活感たっぷりのごちゃごちゃした写真になってしまうから。たとえばこんな感じ。

テーブルの上に雑誌はあるし、後ろには延長タップがあるし、ソファには脱いだ服があるし、なんとなく散らかっている印象を受けるでしょ。とはいっても生活感を一切出さないのは不可能だし、家具など動かせないものは仕方ないが、ちゃちゃっと片付けられるものなら片付けてから撮影したほうがいいというレベル。

これもそう。ソファの下に電源がごちゃごちゃしていて背景がうるさい。そうはいっても犬や猫の場合、「今、この瞬間を撮りたい!」という場合があったりする。そういうときにはとりあえず撮っておいて、あとで犬の表情だけ切り抜く(トリミング)という技もある(本当はあまりよくないが)。実際、私、よくやります。そのわりにはよく後ろに酒瓶とか写り込んでいることがあるけれども。とにかく、背景にも多少気を配っておいたほうがいい。それだけで印象がずいぶん違ってくるのでね。

ちなみに、ブログ読者から「いつも部屋が綺麗ですね」といわれることがあるが、それは撮る前に片付けているだけであって、常に部屋が綺麗なわけではございません。

基本的にフラッシュは使わない

デジカメの撮影モードを「オート」にしていると、暗い場所では勝手にフラッシュが光ってしまうことがある。が、そうすると非常に「素人くさい写真」になる(そういう自分も素人だけどね)。たとえばこんな感じ。

ファッション雑誌などでプロのカメラマンが効果を意識してフラッシュを使う場合は別として、私ら素人がフラッシュを使うとなんだか冷たい感じで色もおかしな写真になるので、まずは設定でフラッシュを「切」にしておくことをオススメします(オートモードではできない機種もあるかも)。

 初心者ペットブロガーのためのカンタン(適当)写真講座〜その3<後編>

次のページ

 穴澤賢の犬のはなし

バックナンバー

いぬねこ連載
もっと見る

[PR]


Vol.45 初心者ペットブロガーのためのカンタン(適当)写真講座〜その3 コラム いぬ /story_anaz/g6n2u9000000n9bn-img/g6n2u9000000n9d0.jpg 1 実際に撮ってみるときのコツ、教えます
Vol.45 初心者ペットブロガーのためのカンタン(適当)写真講座〜その3ペットブログの初心者に向けて写真の撮り方やコツなどをアドバイスする勝手に始めたこのコーナー。ちなみに、これはあくまでも自己流であり、プロのカメラマンでもなんでもないので、すごく適当です。今回は実際に撮ってみるときのお話をしたいと思います。ブログ用の写真を撮る上で気をつけることさて、いよいよ今回から具体的なアドバイスをして g6n2u9000000n9bn
facebook
twitter