「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

ロゴ:いぬのきもちねこのきもち

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


穴澤賢の犬のはなし 穴澤賢の犬のはなし

Vol.17 犬と食事を考える〜その4

大吉はまもなく2才になるが、あまり手のかからない犬ではある。
そんな大吉の最大の悩みといえるのが、食について。とにかく食が細いのだ。食べ物に対する執着心があまりないらしい。犬というのは、何をあげてもガツガツ食べるものではないのか?
その悩みを解決すべく、動物病院向け栄養相談を行うペットベッツ栄養相談を主催し、ペット栄養コンサルタントである奈良なぎささんを大吉の暮らす我が家にお招きしてお話を伺ってみました。前回は犬に必要な栄養や吸収率の話。今回は食が細くなったときの対応についてお聞きました。

写真右より、奈良なぎささん、穴澤

シンプルな手法で食事傾向を確かめる

穴澤:市販のフードで、品質もよくて、ずっと食べ続けてくれるものがあればそれでいいんですけれど、今のところそういうフードには出会えていないし、仕方ないので手作りで内容を少しずつ変えているような状態です。たとえば今日は豚だったから、明日は鶏肉にして、みたいに。

奈良:あくまでも私の経験値なのですが、犬は人間よりも消化に対する順応性が弱い気がするんですね。たとえば、人間は目先や栄養バランスをとるために昨日はステーキだったから今日は魚にしようとかするじゃないですか。「昨日は脂肪を多くとったから今日は控えよう」みたいな意識が働くわけです。

穴澤:はい。

奈良:その感覚で、タンパク質源を全部牛肉、魚、鶏肉などに変えたとします。すると犬は牛肉のときのご飯をものすごい勢いで食べるため、飼い主は牛肉が好きなんだって思うわけです。これは犬がその食性から脂肪含有量が高いものを選択するからです。ところが、これらのタンパク質源と同じ量(重さ)でも、そこに含まれるエネルギー量、タンパク質、脂肪そしてその他の栄養素の割合が異なります。基本的に飼い主さんは犬が「よく食べる=よい食べ物」と思うため、気づかぬうちにかなり高タンパク、高脂肪の食事を与えていることが多くあります。脂肪含有の多すぎる食事をしているとデロデロとした黒っぽい下痢をしたりしますが大吉君はいかがでしたか?

穴澤:ありますあります。

奈良:臭くなかったですか?

穴澤:臭かったです。前に富士丸という犬を飼っていたときも下痢をして、もの凄い臭いオナラをしたので動物病院に連れて行ったことがありますよ。

奈良:たぶんですけど、このようなときはすでに膵臓や肝臓の機能が疲れていることを意味します。

穴澤:そうだったのかぁ。

奈良:このような便が1日に何回も出てくる場合は、すぐに動物病院で健康状態をチェック。治療までのことではないなら、食事を一度シンプルにして、消化器官を休めてあげます。食べるのであれば、おかゆに低脂肪の鶏肉や白身魚を少し加えたものを与えてみます。

穴澤:白身魚ですか。

奈良:そう、少しずつ入れて食べるかどうかを見るんです。大吉くんみたいに神経質な子はとくに、一種類ずつ試していかないとダメ。一気に増やすと匂いがたくさん混ざって不安をあおるだけになってしまうんです。

穴澤:そうなんですね。

奈良:それでも食べなかったら飼い主さんが食べて見せてあげて、大丈夫だということを示してあげると、食べる犬もいるんです。

穴澤:なんだかすごく過保護な気もしますが……。でも食べてくれないときは、本当に心配になるんですよね。

 犬と食事を考える〜その4<後編>

次のページ

 穴澤賢の犬のはなし

バックナンバー

いぬねこ連載
もっと見る

[PR]


犬・猫と暮らすこと Vol.17 犬と食事を考える〜その4【穴澤賢の犬のはなし】 コラム いぬ /story_anaz/g6n2u9000000kz7e-img/g6n2u9000000kz8r.jpg 1 食が細くなったときの対応についてお聞きました。
Vol.17 犬と食事を考える〜その4大吉はまもなく2才になるが、あまり手のかからない犬ではある。 そんな大吉の最大の悩みといえるのが、食について。とにかく食が細いのだ。食べ物に対する執着心があまりないらしい。犬というのは、何をあげてもガツガツ食べるものではないのか? その悩みを解決すべく、動物病院向け栄養相談を行うペットベッツ栄養相談を主催し、ペット栄養コンサルタントである奈良なぎささんを大 g6n2u9000000kz7e
facebook
twitter