「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

ロゴ:いぬのきもちねこのきもち

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


穴澤賢の犬のはなし 穴澤賢の犬のはなし

6年経って思うこと
6年経って思うこと「穴澤賢の犬のはなし」

この原稿を書いているのは2015年10月1日。あれから6年が過ぎたことになる。何があっても月日は流れるのだなと思う。

6年経って思うこと「穴澤賢の犬のはなし」

毎年この日が来ると、嫌でもあの日の光景を思い出してしまう。あの日というより、翌日から薄暗い部屋で酩酊しながら、雨の音を聞いていたときの記憶が蘇る。本当に泥酔していたから記憶はほとんどないはずなのに、断片的な場面が脳に焼き付いているのだ。

6年経って思うこと「穴澤賢の犬のはなし」

6年前の10月1日、夜家に帰ると富士丸が息絶えていた。昼すぎに出かけたときはふつうに元気だったのに。だからしばらく何が起きたのかわからなかった。その時点では悲しいとも思わなかったし、涙も出なかった。でもそれは目の前の現実を受け入れられなかっただけで、ひたすら酒を飲んでごまかすことしかできなかった。起きたら「よかったぁ、夢で」となることを信じて、酒を飲んで寝て起きてはまた飲んで寝るということを一週間も続けたのだ。そのとき、ずっとベランダから雨の音が聞こえてきたのを覚えている。

6年経って思うこと「穴澤賢の犬のはなし」

そのあたりのことは拙著に書いたので省くが、これまで44年生きてきてあれほどきついことはなかった。本当の「絶望」というものをはじめて知った。しばらくは食欲もまったく湧かなかったし、すべての気力を失っていた。よく死ななかったなと思う。今だからいえるが、実際死んでもおかしくない場面もあったし、死んでもいいやと思っていた。

 6年経って変わったもの、変わらないもの

次のページ

 穴澤賢の犬のはなし

バックナンバー

いぬねこ連載
もっと見る

[PR]


6年経って思うこと コラム いぬ /story_anaz/g6n2u9000000zc9f-img/g6n2u9000000zcas.jpg 1 富士丸が亡くなって6年…変わったもの、変わらないもの
6年経って思うことこの原稿を書いているのは2015年10月1日。あれから6年が過ぎたことになる。何があっても月日は流れるのだなと思う。毎年この日が来ると、嫌でもあの日の光景を思い出してしまう。あの日というより、翌日から薄暗い部屋で酩酊しながら、雨の音を聞いていたときの記憶が蘇る。本当に泥酔していたから記憶はほとんどないはずなのに、断片的な場面が脳に焼き付いているのだ。6年前の10月1日、夜家に g6n2u9000000zc9f
facebook
twitter