「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

ロゴ:いぬのきもちねこのきもち

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


穴澤賢の犬のはなし 穴澤賢の犬のはなし

憎っくき花火
憎っくき花火「穴澤賢の犬のはなし」

雷と花火が苦手な犬は多いという。わが家の大吉も、1才くらいまでは平気だったのに成長するに従ってなぜか雷と花火の音を聞くと怯えて挙動不審になるようになった。
そういう犬と暮らしている人にとって、これからの季節は……。

憎っくき花火「穴澤賢の犬のはなし」

何が怖いのかわからないが、大吉は雷や花火の音を聞くとガクガクと震えだし、落ち着きがなくなる。散歩中だと大慌てで帰ろうとするし、家にいるとなぜかキッチンや洗面台の奥に隠れようする。そんなところに隠れたってどうもならんだろうと思うのだが、狭いところが少しは落ち着くらしい。
※この連載で、トレーナーさんに相談したこともあった。

憎っくき花火「穴澤賢の犬のはなし」

パニックになって走り出したりしないだけまだマシだが、一度怖いと思ったものはダメらしい。言葉が通じれば、そんなもの恐るるに足りないことを諭してやれるのに。ちなみに福助はどちらもまったく平気なものの、大吉のケースがあるのでこの先どうなるかはわからない。今は、ふだんはしっかりしているのに急に情けない顔になる大吉を不思議そうな目で見ている。

憎っくき花火「穴澤賢の犬のはなし」

大吉がそんなだから、飼い主まで敏感になってしまった。外出中に雷が鳴ったりすると「あぁ、きっとあいつビビッとるだろうなぁ」などとちょっと心配になったりする。雷はどうしようもないが、花火は人為的なものなので、腹立たしく思ったりもするようになった。

憎っくき花火「穴澤賢の犬のはなし」

たとえば以前、車で2時間くらいかけて埼玉県・秩父のほうにあるドッグランへ大吉と遊びに行ったことがあった。到着してすぐに近くの河原でキャンプをしていたグループが花火か爆竹を鳴らしたため、すべてが台無しになってしまったのだ。「何してくれとんじゃい」と思ったが、そんなのはこちらの都合でしかない。それはわかるのだが「今そこで花火をやる必要があるのかね」という、いら立ちは募る。

憎っくき花火「穴澤賢の犬のはなし」

さらに現在暮らしているのは海のそばで、暖かくなるにつれ若者が集まってきては、夜な夜な浜辺で花火をする。季節的に夜は窓をあけるといい風が入ってきて気持ちがいいのだが、だいたい19時くらいになると、遠くでパンパンという音が聞こえはじめる。そうすると大吉がオロオロしだすので、慌てて窓を閉める、という毎日がこのところ続いている。ひどいときは深夜や明け方にも花火をしている輩がいて、神経を疑う。

 犬に合わせて飼い主の好みも変わる?

次のページ

 穴澤賢の犬のはなし

バックナンバー

いぬねこ連載
もっと見る

[PR]


憎っくき花火 コラム いぬ /story_anaz/g6n2u9000000x5bf-img/g6n2u9000000x5cu.jpg 1 大吉と暮らして変わったこと。
憎っくき花火雷と花火が苦手な犬は多いという。わが家の大吉も、1才くらいまでは平気だったのに成長するに従ってなぜか雷と花火の音を聞くと怯えて挙動不審になるようになった。 そういう犬と暮らしている人にとって、これからの季節は……。何が怖いのかわからないが、大吉は雷や花火の音を聞くとガクガクと震えだし、落ち着きがなくなる。散歩中だと大慌てで帰ろうとするし、家にいるとなぜかキッチンや洗面台の奥に隠れ g6n2u9000000x5bf
facebook
twitter