「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:「健康管理」についての回答一覧です。

飼い方
健康管理

犬の健康管理に関するQ&Aです。犬の飼い主さんが抱えやすい健康管理に関する疑問やお悩みについてQ&A形式でご紹介しています。

31-40件(76件中)

並び替え

前へ

次へ

軟便はどの程度まで心配いらないのか目安があれば教えてください。

31

T.プードル | 1歳2カ月 |

便の形が保てている程度であれば様子をみてもいい範囲でしょう。しかし軟便でも1週間以上続く場合は動物病院を受診したほうがよいでしょう。

ワクチン接種のメリットとデメリットについて教えてください。

32

チワワ | 0歳4カ月 |

ワクチンを接種するメリットは犬同士の感染症の予防です。犬同士の感染症とは、ウイルスによる犬の鼻気管炎、肺炎、腸炎、肝炎等です。基本的には1年に1回接種することが推奨されています。年1回接種することで感染…

犬に皮膚をかかせない方法を教えてください。服の隙間からかいてしまいます。

33

チワワ | 7歳9カ月 |

皮膚をかいてしまうのを防ぐために服を着せるのも一つの方法ですが、服の上からかいたり、余計に気にしてしまう場合はエリザベスカラーを使用したほうがよいかもしれません。

ニキビダニについて教えてください。

34

チワワ | 5歳9カ月 |

ニキビダニは、健康な犬でも少数は観察されることもあるダニです。このダニは毛包や皮脂腺内に寄生していますが、通常は皮膚疾患・皮膚病症状は現れません。細菌感染や遺伝的また免疫的異常がある場合などに急激に…

12歳のパピヨンです。歯石を取ったら腎臓の値は下がるものでしょうか。

35

パピヨン | 12歳1カ月 |

歯石と血液検査での腎臓の値は関係性がありません。歯石除去の目的は歯槽膿漏や全身に口内細菌がまわってしまう敗血症といわれる状態の予防です。

去勢手術の際に心停止しました。今後麻酔を使っての手術などがある場合どうしたらいいでしょうか。

36

T.プードル | 2歳6カ月 |

心停止の原因にもよります。今後、何かの病気などで手術が必要になった場合は、もう一度術前検査を受けて担当の獣医師とよく相談して決めるとよいでしょう。

便が軟らかいのですが、どのくらいの軟らかさなら様子を見ていても問題ないでしょうか。

37

T.プードル | 0歳7カ月 |

便の形が保てているくらいの硬さであれば様子をみて大丈夫でしょう。しかし、便の色が黒かったり血液が付着している場合は動物病院に相談しましょう。

人のインフルエンザは犬にもうつりますか。

38

T.プードル | 2歳0カ月 |

人のインフルエンザは犬にはうつりませんので安心してください。病気を引き起こすウイルスや細菌には基本的にはかかる動物種が決まっています。しかし、人獣共通感染症と呼ばれる感染症には犬や人に共通して感染す…

混合ワクチンを今まで毎年接種していませんでした。大丈夫でしょうか。

39

ミックス | 3歳1カ月 |

今まで混合ワクチンを接種せずに何も感染症にかからなかったのは、本当に運がよかったのだと考えてください。犬の感染症はさまざまな場面でうつる可能性があります。お散歩中に他の犬が残した排泄物から、ドッグラ…

ワクチンは2回接種したほうがいいと言われたのですが、そうなのでしょうか。

40

… | …

初回のワクチンを接種した後、抗体価をあげるために1カ月後にもう一度接種します。2回目のワクチン接種以降は1年に1回接種します。

前へ

次へ

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・いつものしぐさを心理学でチェック
  • ・イヤイヤ・雨の日、散歩の悩み答えます♪
  • ・歯磨きが健康寿命UPのカギ!?

  • ・子犬に必要な最初の一歩とは?
  • ・イイコになるごほうびの与え方
  • ・抱き方・なで方・お手入れドリル

  • ・今更聞けない○○、こっそり教えます!
  • ・知っておきたい犬の「がん」


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。