「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

部位から探す脳、脊髄、神経
てんかん発作があり、発作後にかなり興奮してしまいます。薬ではなく、併用できるものや何か対策があれば教えてください。

ビーグル | 10歳0カ月 | ♀

いぬのきもち相談室 担当獣医がお答えします

基本的には発作のコントロールはお薬を使って行います。決められた投与量や投与の方法を守っていきましょうね。発作に使われるお薬は、できるだけ発作の頻度を少なくするものです。もしも、定期的に発作があり、持続時間や興奮具合が激しくなるようであれば、必ずかかりつけの動物病院に相談することをおすすめします。その他、発作日誌などをつけることをおすすめします。ご相談者様の愛犬がどんな頻度で発作を起こすのか、前後に何があったのか、発作の状況の観察から、発作のあった日の天気や愛犬の行動などを記録しておきましょう。発作は脳の神経の異常興奮です。ちょっとしたきっかけで発作が誘発されることもあります。よく言われているのが、気圧の変化などが発作の誘発に関わっている可能性です。台風や低気圧が近づいてくると発作が起きやすくなるという報告もあります。その他、過度に緊張したり、ストレスがかかったりすることも発作のきっかけになるかもしれませんね。ご相談者様の愛犬も発作が起きやすい傾向などをつかむためにも発作日誌をつけてみてはいかがでしょうか。それから、発作〜発作後に興奮状態にある場合には、愛犬と飼い主さんともにお怪我をされませんように、愛犬をすぐに安全なスペースに移動させることも大切です。日常生活も含め、上手に発作をコントロールしていけるといいですね。

いぬのきもち相談室 担当獣医師

病名・症状データベースの「ビーグル」関連記事

いぬ図鑑の関連記事

さまざまな愛犬のお悩みにスグ対応

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・犬目線で考えよう!飼い主さんの問題行動!
  • ・かわいい♥ かくれんぼ犬
  • ・春の予防医学
  • ・普段使いの健康食材

  • ・吠えない犬育成計画
  • ・初めてしつけ①トイレ&ハウス
  • ・歯磨き成功への道

  • ・愛玩動物飼育管理士への道 抜き打ちテスト!
  • ・犬の慢性疾患を悪化させない
  • ・犬は言葉を理解するのか?


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。