「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

部位から探す歯・口
6カ月になるトイプードルを飼っています。ほとんどが永久歯に生え変わったのですが、下顎の犬歯のところだけ乳歯が残っています。これはこのままにしていても大丈夫なのですか。

トイプードル | 0歳6カ月 | ♂

いぬのきもち相談室 担当獣医がお答えします

6カ月というと乳歯がほぼ永久歯に生え変わる時期になります。下顎の犬歯以外は永久歯になっているのですね。月齢的にはもうしばらくすると自然にその乳歯が抜け落ちる可能性もあるので、もう少し様子を見てもいいと思います。しかし、小型犬では大人になってもずっと乳歯が抜けずに残存乳歯となって永久歯と重なって生え残っている場合があります。残存乳歯をそのままにしておくと、そこに歯垢や歯石がつきやすくなって、将来の歯周病の原因となってしまいます。それを予防するためには残存乳歯を抜歯することになりますが、基本的には鎮静剤か全身麻酔が必要になります。たかだか乳歯を抜くために麻酔をかけなくてはいけないの? という方がほとんどだと思うのですが、多くの場合不妊手術と同時に行うことが多いです。もし、不妊手術をお考えであれば、手術当日まで乳歯が残っているようでしたら、同時に抜歯してもらうことをおすすめします。

いぬのきもち相談室 担当獣医師

いぬ図鑑の関連記事

さまざまな愛犬のお悩みにスグ対応

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・直しておきたい
    犬の“吠え問題”に挑む!
  • ・シーズン到来!役立つ
    お出かけトラブル白書

  • ・犬用カード使いこなし術
    最初に一歩
  • ・趣ある表情に思わず(笑)
    哀愁犬のキモチ

  • ・【実話】だからといって…
    愛犬を捨てるのですか?
  • ・災害、そのとき
    愛犬も自分も生き抜くには?


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。