「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

症状から探す動作・意識の異常、症状噛みつく
12歳のオスのダックスフンドです。かかりつけの動物病院で、自分の足を噛むのはストレスと言われました。歯磨きガムをやめたほうがよいと言われましたがそれはどういうことでしょうか。

M.ダックス | 12歳10カ月 | ♂

いぬのきもち相談室 担当獣医がお答えします

かかりつけの獣医師がおっしゃるように、犬が自分の足先を舐めたり噛んだりするのはストレスや暇つぶし、クセなどの場合がありますが、足や皮膚に異常があって行っている行動の可能性もあります。ご相談の愛犬は一度動物病院にかかられているということなので、おそらく皮膚や足の異常があればその指摘を受けているでしょう。ではストレスであるとすると、心当たりはありますでしょうか? その愛犬の性格をよく考えて思い当たるストレスを排除してあげてください。また、遊び足りない運動が足りないかまってもらえていないというのも犬にとってはストレスになります。生活リズムを見返して愛犬との時間を増やしてあげるのも解決策になるかもしれませんね。かかりつけの獣医師が歯磨きガムをやめたほうがいいとおっしゃった理由ははっきりしませんが、もしかすると、歯磨きガムの成分が皮膚にかゆみを引き起こしていて気にして噛んでいると考えられたのかもしれませんね。食物アレルギーで皮膚に病変はなくても、かゆみや違和感を起こすことがあります。歯磨きガムを一度やめてみて様子をみるのも1つの方法ですね。

いぬのきもち相談室 担当獣医師

同じカテゴリのQ&A

さまざまな愛犬のお悩みにスグ対応

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・全国、熱中症体験談!
  • ・愛犬の興奮メータ、どう下げる?
  • ・犬の自由研究
  • ・お気に入り? リピーター犬

  • ・成長レポート
  • ・3大困りごと
  • ・オスワリ・オイデ・マッテ

  • ・幸せのカタチ
  • ・チャレンジ!ハンドリング


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。