「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

部位から探す脳、脊髄、神経
愛犬が脊椎空洞症と診断されました。手術を受けたほうがいいでしょうか。

トイプードル | 1歳1カ月 | ♂

いぬのきもち相談室 担当獣医がお答えします

脊髄空洞症は、脊髄の中心部に脳脊髄液がたまった空洞ができることにより、脊髄を内側を圧迫して、いろいろな神経症状があらわれる病気です。その症状は、空洞ができる部位と大きさにより、無症状から重度の四肢麻痺までさまざまです。また、症状がそれほど進行しない場合があります。治療法は、内科的治療と外科的治療があります。しかし、まだ空洞のできる詳しい仕組みがよく分かっておらず、現段階では確実な治療方法は見つかっていません。しかも、外科手術は限られた施設でのみおこなわれているのが現状です。手術の必要性や手術後の安静期間、看護方法など獣医師と十分に相談してくださいね。

いぬのきもち相談室 担当獣医師

いぬ図鑑の関連記事

さまざまな愛犬のお悩みにスグ対応

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・愛犬を苦しませる!? 意外なストレス30
  • ・ドッグフードのお悩み何でも答えます!
  • ・あるある! DOG LIFE川柳

  • ・子犬に必要な さいしょの一歩
  • ・うまくいく人の「してること」「してないこと」
  • ・はじめてしつけ イタズラ・吠え

  • ・いも くり かぼちゃ 秋のほくほくおやつ
  • ・秋のスポーツ大作戦
  • ・気をつけたい犬の病気「分離不安」


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。