「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

症状から探す動作・意識の異常、症状身体をよくなめる
お尻をよく舐めていますが、問題はないでしょうか。

柴 | 1歳0カ月 | ♂

いぬのきもち相談室 担当獣医がお答えします

犬の肛門には肛門嚢というにおい袋があります。ここに分泌物がたまったり、炎症を起こすと頻繁に舐めるようになります。 お尻に痛みやかゆみを感じても繰り返し舐めます。愛犬のお尻を見ることができるなら、肛門嚢が腫れていないか、お尻の皮膚に傷や炎症がないか確認してください。また、毛玉ができていたり、汚れていても取り除こうとして舐めたり噛んだりします。 舐め続けることによって、細菌が繁殖して皮膚炎を起こすこともあります。原因が分からない場合や、飼い主さんが取り除けなかったら、動物病院へ行ってくださいね。

いぬのきもち相談室 担当獣医師

同じカテゴリのQ&A

いぬ図鑑の関連記事

さまざまな愛犬のお悩みにスグ対応

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・サーモグラフィーで科学的に熱中症リスクを軽減!
  • ・飲み水 どんな?どれくらい?
  • ・魔法の指示「オイデ」を極める
  • ・真夏の夜の奇妙な犬のはなし…

  • ・子犬リアルレポート! こんなに成長!
  • ・夏こそシャンプーは地肌洗い!
  • ・ドリル 社会化しつけって?

  • ・人助け、笑顔、パートナー、人と共に歩む犬
  • ・“○○”しつけ効きません!!に処方箋
  • ・すきま風が!? 愛犬との愛大丈夫?


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。