「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

飼い方薬/投薬の方法
フィラリアの薬について教えてください。

… | …

いぬのきもち相談室 担当獣医がお答えします

フィラリアは、心臓や心臓から出ていく血管内に寄生する線状の寄生虫で、フィラリアに感染している犬の血を吸った蚊が、愛犬を刺すことで、愛犬の体に幼虫が入ってきてしまいます。幼虫が、蚊が刺した部分から心臓やその血管に達するまでの間に、定期的に薬で駆虫するのがフィラリアの予防です。蚊が媒介する病気ですので、蚊が出始めてから1カ月以内に予防を開始して、蚊がいなくなって1カ月後まで月に1回予防薬が必要です。毎年、1回目の予防薬をはじめる前には、血液検査をしてすでに感染してしまっていないかをチェックしてから、予防薬をはじめましょう。感染している状態で予防薬を与えると、体内の虫が一気に死んで血管を詰まらせてショック死を起こすことがあります。予防薬は、いろいろな種類が出ています。錠剤や散剤、おやつタイプ、体につけるスポットオンタイプなどがあります。かかりつけの獣医師に相談して愛犬に合うものを使用しましょう。

いぬのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛犬のお悩みにスグ対応

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・犬目線で考えよう!飼い主さんの問題行動!
  • ・かわいい♥ かくれんぼ犬
  • ・春の予防医学
  • ・普段使いの健康食材

  • ・吠えない犬育成計画
  • ・初めてしつけ①トイレ&ハウス
  • ・歯磨き成功への道

  • ・愛玩動物飼育管理士への道 抜き打ちテスト!
  • ・犬の慢性疾患を悪化させない
  • ・犬は言葉を理解するのか?


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。