「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

その他ペットロス/ペットレス
以前飼っていた亡くなった犬のことを思い出してしまい、仕事が手につきません。

パピヨン | 4歳9カ月 | ♂

いぬのきもち相談室 担当獣医がお答えします

愛犬を亡くしてしまうとなかなかその喪失感から抜け出せないことが多いようです。かわいがっていればそれだけ別れは辛いものです。日常生活に支障をきたすほどふさぎ込んでしまう状態になってしまったらそれはペットロスかもしれません。誰でも陥る可能性のある心理状態で、はじめは辛くても、いくつかの段階を経てやがて立ち直ることができます。 拒否:ペットが死んでしまったという事実を認めようとしない心理プロセスのことで、ペットの死が何かの間違いであると思わせてくれるような材料を探してしまいます。 怒り:苦しみを与えたものに対して反発することで、たとえばペットを担当していた獣医師に対し、もっと適切な処置をしていれば助かったのではないかという他者に対する怒りと、もっと注意して看病してやればよかった、というような自分への怒りもあります。 交渉:悲しみを克服するためにあの子を生き返らせてくれるなら自分の寿命が縮まってもいい、などと考えるようになります。 抑うつ:あまりにも強い悲しみの感情が何をしても楽しくないなど軽いうつ状態になります。 受容:ペットの死を事実として受け入れ、忘れかけていたポジティブな感情を徐々に取り戻していきます。 ここまでくればペットの死を思い起こすと悲しい気持ちになりますが、じきに元通りになり、仕事が手につかなくなるということもなくなります。

いぬのきもち相談室 担当獣医師

いぬ図鑑の関連記事

さまざまな愛犬のお悩みにスグ対応

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・それ、うれしいときだけじゃない?愛犬のしぐさの意外な気持ち
  • ・何かヘン?トイレのお悩み
  • ・こっそり告白!飼い主さんの問題行動

  • ・成長を比べよう!子犬のリアル成長レポート
  • ・マッテとオアズケは違います
  • ・基本のコンプリートドリル!

  • ・後悔したくない!最後まで「愛する」ということ
  • ・\筋トレ脳トレ/おうち遊び


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。