「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

飼い方子犬子犬のトイレ
6カ月のトイプードルです。粗相が直りません。

T.プードル | 0歳6カ月 | ♀

いぬのきもち相談室 担当獣医がお答えします

犬は一度トイレを覚えてからも、決められたトイレ以外の場所、たとえば布団の上や、カーペット、畳、洋服など吸水性のよいものの上で好んでおしっこをすることがあります。昔の習性で芝生や草原、土や砂などの吸水性のよい場所で排泄をして、自分のにおいをいち早く消そうとします。そういう習性をもっているので、一度できるようになっても何かのきっかけで、トイレ以外の場所で気持ちよく排泄ができた体験があると、その場所で度々するようになってしまいます。ですからそのような行動が見られたら、初めてのトイレトレーニングと同じように朝一番にトイレに連れて行ったり、「シーシー」などのかけ声をかけたりして排尿を促し、できたら褒めてあげてください。ちゃんとトイレでできたらごほうびをあげてもよいでしょう。時々トレーニングを繰り返すことによってトイレの仕方をより確実に学習しなおすことができます。トイレ以外の場所で排泄した体験は忘れるまでに1週間程度かかるので、粗相に気づいたら早めに対処するように気をつけましょう。

いぬのきもち相談室 担当獣医師

同じカテゴリのQ&A

さまざまな愛犬のお悩みにスグ対応

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・直しておきたい
    犬の“吠え問題”に挑む!
  • ・シーズン到来!役立つ
    お出かけトラブル白書

  • ・犬用カード使いこなし術
    最初に一歩
  • ・趣ある表情に思わず(笑)
    哀愁犬のキモチ

  • ・【実話】だからといって…
    愛犬を捨てるのですか?
  • ・災害、そのとき
    愛犬も自分も生き抜くには?


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。