「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

しつけ鳴き止まない甘え/要求鳴き
13歳のゴールデンレトリーバーを飼っています。最近、夜鳴きをするようになりました。やめさせることはできますか。

G. レトリーバー | 13歳1カ月 | ♂

いぬのきもち相談室 担当獣医がお答えします

ご相談者様の愛犬は13歳のゴールデンレトリーバーということですが、この犬種で13歳というのはかなり高齢な犬であるといっても過言ではありません。人間でいうと80歳〜90歳くらいでしょうか。この年齢での夜鳴きは子犬の頃と異なり、寂しいとか飼い主さんに傍にいてほしいというような要求吠えではない可能性があります。犬も高齢になると人間のような痴呆症が始まることがあります。視力や聴力の低下のような加齢性に衰えてくるものの他に、昼夜の逆転が最も起こりやすい痴呆の症状です。昼間は飼い主さんが帰ったことにも気づかないくらい寝ているのに、夜になると鳴いたり活動性が上がったりします。夜鳴きがひどい場合、少し生活のリズムをかえてみてはいかがでしょうか? 日中に少し起こして軽い運動をさせてみたり、犬の嗅覚などを刺激するようなフード探しのゲームや家の中でも遊べるような運動を行ってみるのもいいかもしれませんね。それでも夜鳴きが激しい場合は、一度かかりつけの動物病院に相談してみるのも一つです。体に異常はないか、脳の問題の可能性などを一度診てもらってもいいと思います。あまりにコントロールできない場合は、薬剤を使うこともあります。

いぬのきもち相談室 担当獣医師

同じカテゴリのQ&A

さまざまな愛犬のお悩みにスグ対応

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・犬目線で考えよう!飼い主さんの問題行動!
  • ・かわいい♥ かくれんぼ犬
  • ・春の予防医学
  • ・普段使いの健康食材

  • ・吠えない犬育成計画
  • ・初めてしつけ①トイレ&ハウス
  • ・歯磨き成功への道

  • ・愛玩動物飼育管理士への道 抜き打ちテスト!
  • ・犬の慢性疾患を悪化させない
  • ・犬は言葉を理解するのか?


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。