「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

飼い方子犬子犬の散歩
5カ月になる子犬を飼っているのですが、散歩の途中でリードを噛んで離さなくなってしまい、散歩にならなくなります。どうしたらいいでしょうか。

ミックス | 0歳5カ月 | ♂

いぬのきもち相談室 担当獣医がお答えします

お散歩に慣れていない子犬にとって、道路を歩くということが目的地に行くための手段であるという認識は最初はありません。さらには首輪やリードをつけて歩くことさえ最初は抵抗があるものです。お行儀よくお散歩してくれるようになるまでにはけっこう時間がかかります。リードに慣れていない子犬では最初はリードに対する違和感や強く引っ張られたりすることで、リードを嫌いになってしまうこともあります。最初は首輪やリードに慣れるところからゆっくりお散歩に慣れさせていきましょう。静かな場所を選んで歩く練習をしたり、好物や大好きなおもちゃなどを持って出かけ、お散歩先で楽しい経験をさせてあげましょう。リードから興味がそれない場合は少し進行方向におやつやおもちゃを使って興味を引くようにしてみてくださいね。焦らず、楽しいお散歩ができるように少しずつ慣らしていってみてくださいね。

いぬのきもち相談室 担当獣医師

同じカテゴリのQ&A

さまざまな愛犬のお悩みにスグ対応

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・「やりすぎ」お世話のボーダーライン
  • ・ニオイ?ヨゴレ? お掃除のコツは意外なところ

  • ・子犬に必要な「さいしょの一歩」
  • ・○×でわかる ぬくぬく冬支度
  • ・はじめて「留守番のさせ方」

  • ・ココロとカラダ 免疫力UP
  • ・愛犬と過ごす 温かいクリスマス


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。