「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

飼い方子犬子犬の散歩
4カ月の子犬を飼っています。お散歩に連れて行きたいのですが、暴れてしまってなかなかリードをつけさせてくれません。どうしたらいいですか。

トイプードル | 0歳4カ月 | …

いぬのきもち相談室 担当獣医がお答えします

犬にとって首輪やリードをつけられるというのは最初は違和感があり、素直に受け入れてくれる子はなかなかいません。何をされたのか分からないという恐怖や今まではなかったような刺激にビックリしてしまいます。少しずつ慣れさせるためにも、最初が肝心です。とにかく嫌な思いや怖い経験をさせないようにすることです。リードで強く引っ張られるような経験はリードがついていると動けない、痛いなど、動きたくないなと感じさせる要因になります。また頸椎や気管にも負担をかけることがあるので、リードを強くひっぱったりしないようにしましょう。それでは、お散歩デビューでいきなり首輪、リードをつけてさっそうと歩いてくれるかといえば、なかなかそうはいかないことがほとんどです。まずは家の中でサイズの合った首輪を普段からつけて過ごすようにして慣らしてみてはいかがでしょうか。リードも同様にどこかに引っかからないように見ていられる状況で自宅内でつけてみましょう。最初はつけたままで自由に部屋の中を動き回っていて大丈夫です。次第にそのリードをもって、家の中で散歩の練習をしてみましょう。なかなか慣れない場合は、リードをつけるときにごほうびなどを使って、リードと一緒に嬉しい経験をさせてあげるというのも一つの方法ですね。

いぬのきもち相談室 担当獣医師

同じカテゴリのQ&A

いぬ図鑑の関連記事

さまざまな愛犬のお悩みにスグ対応

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・いつものしぐさを心理学でチェック
  • ・イヤイヤ・雨の日、散歩の悩み答えます♪
  • ・歯磨きが健康寿命UPのカギ!?

  • ・子犬に必要な最初の一歩とは?
  • ・イイコになるごほうびの与え方
  • ・抱き方・なで方・お手入れドリル

  • ・今更聞けない○○、こっそり教えます!
  • ・知っておきたい犬の「がん」


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。