「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

飼い方去勢/避妊避妊手術
避妊手術の予定だったのですが発情がきてしまいました。どのくらい経てば手術可能ですか。

ミニチュアダックス | 3歳1カ月 | ♀

いぬのきもち相談室 担当獣医がお答えします

発情出血が終わったときから2カ月ほど経過すれば手術可能です。発情期後1〜2カ月は黄体期といって乳腺が腫れ疑妊娠の状態になります。免疫も下がり体調を崩しやすい時期ですので手術など身体の負担になることはおすすめできません。また、黄体期を過ぎた頃にもまだ乳腺の腫れが引かない場合は、ある程度落ち着くまで様子を見たほうがよいでしょう。乳腺が腫れた状態で手術を行うと、傷が腫れたり、傷口が治りにくくなることがあります。

いぬのきもち相談室 担当獣医師

同じカテゴリのQ&A

いぬ図鑑の関連記事

さまざまな愛犬のお悩みにスグ対応

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・ひと目でわかる!愛犬のカラダ出たもの・腫れたもの
  • ・どのくらい飲む? 愛犬の飲み水のコト
  • ・気象予報士の獣医さんに聞いてみた「熱中症」

  • ・最初に必要なしつけ「さいしょの一歩」
  • ・1才までの絆の強め方・作り方

  • ・諦めない! アノお悩みをプロ技解決!
  • ・知っておきたい犬の「腎臓病」


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。