「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

飼い方食事ドッグフードの選び方
8歳のミニチュアシュナウザーです。血液検査で肝臓の数値が高く、療法食をすすめられましたが、昔から子犬用のドッグフードしか食べません。フードは変えたほうがよいですか。

ミニチュアシュナウザー | 8歳11カ月 | ♂

いぬのきもち相談室 担当獣医がお答えします

肝臓の数値が高いというのはさまざまな原因が考えられますが、心配ですね。こういった場合、治療の一環として療法食を試すことは多くあります。ただし、療法食というのは薬ではないので、それを少しでも食べれば治るというわけではありませんので今のフードに混ぜても目的は果たせません。また長期間食べることに意味がありますので、好まないものを無理に続けるというのもかわいそうですよね。しかし、子犬用のフードというのは高タンパク、高カロリーなので成犬の肝臓には負担がかかってしまいます。急に療法食とはいかなくてもまずは成犬用の市販のフードでも色々なメーカーのものを試すことから始めてみてはいかがでしょうか。

いぬのきもち相談室 担当獣医師

同じカテゴリのQ&A

いぬ図鑑の関連記事

さまざまな愛犬のお悩みにスグ対応

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・犬目線で考えよう!飼い主さんの問題行動!
  • ・かわいい♥ かくれんぼ犬
  • ・春の予防医学
  • ・普段使いの健康食材

  • ・吠えない犬育成計画
  • ・初めてしつけ①トイレ&ハウス
  • ・歯磨き成功への道

  • ・愛玩動物飼育管理士への道 抜き打ちテスト!
  • ・犬の慢性疾患を悪化させない
  • ・犬は言葉を理解するのか?


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。