「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

飼い方去勢/避妊避妊手術
6カ月のトイプードルなのですが、かかりつけの獣医師からそろそろ避妊手術の時期ですねと言われました。手術を受けるべきか悩んでいます。

T.プードル | 0歳5カ月 | ♀

いぬのきもち相談室 担当獣医がお答えします

犬の避妊手術は必ずしもやらなければならないものではありません。昔は単純に子犬を生ませないためのものでしたが、現在は生殖器系の病気(子宮蓄膿症、子宮・卵巣腫瘍、乳腺腫瘍など)の予防の意味のほうが強くなっています。あくまで予防手術になりますので健康な犬にメスを入れることになります。そういったことで手術を悩まれる方は多いですよね。全ての犬が年齢とともに生殖器系の病気になるわけではありませんが、犬の平均寿命が延びてきている今日、その分病気になる可能性は高まっています。高齢になって手術することになるのであれば、若くて元気なうちに手術をしましょうというのが避妊手術の考え方です。手術前には血液検査などの術前検査を行いますが、その検査結果を見てから最終判断を下してもよいかもしれませんね。どちらにしても、かかりつけの獣医師と納得のいくまで話し合われることをおすすめします。

いぬのきもち相談室 担当獣医師

同じカテゴリのQ&A

さまざまな愛犬のお悩みにスグ対応

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・直しておきたい
    犬の“吠え問題”に挑む!
  • ・シーズン到来!役立つ
    お出かけトラブル白書

  • ・犬用カード使いこなし術
    最初に一歩
  • ・趣ある表情に思わず(笑)
    哀愁犬のキモチ

  • ・【実話】だからといって…
    愛犬を捨てるのですか?
  • ・災害、そのとき
    愛犬も自分も生き抜くには?


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。