「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

しつけ噛(咬)む/舐める噛(咬)み癖
5カ月の子犬です。室内で飼育していますが、夜になると噛み癖がみられます。

ミックス | 0歳5カ月 | ♂

いぬのきもち相談室 担当獣医がお答えします

犬が、夜になると暴れたり、攻撃性が増して困るという話は時々あります。多くの場合、エネルギーが余っている犬に見られる行動のようです。 5カ月の犬は、まだまだ育ち盛りで動きたくて仕方がない時期ですね。昼間は、室内で昼寝をしたりのんびり過ごしていると、夜になって構ってほしくなったり遊んでほしくなり、飼い主さんの気を引くために噛んでくるのかもしれません。このような場合は無視をするのが一番です。飼い主さんが叱ったり、大声を上げることも遊んでもらっていると思って、ますます遊びに誘ってくるようになります。無視によって愛犬がおとなしくなったら、褒めてあげたり、遊んであげてください。そして散歩や運動の量をできるだけ増やしてあげましょう。飼い主さんが考えている以上に散歩や運動が必要なのかもしれません。

いぬのきもち相談室 担当獣医師

同じカテゴリのQ&A

さまざまな愛犬のお悩みにスグ対応

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・「やりすぎ」お世話のボーダーライン
  • ・ニオイ?ヨゴレ? お掃除のコツは意外なところ

  • ・子犬に必要な「さいしょの一歩」
  • ・○×でわかる ぬくぬく冬支度
  • ・はじめて「留守番のさせ方」

  • ・ココロとカラダ 免疫力UP
  • ・愛犬と過ごす 温かいクリスマス


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。