「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

飼い方室内飼い
3カ月になりました。ケージを広くしたほうがよいでしょうか。

ミックス | 0歳3カ月 | ♂

いぬのきもち相談室 担当獣医がお答えします

ケージを寝床だけのスペースにするのか、トイレもケージの中に設置するのかによって、愛犬に合ったケージの広さは違ってきます。 ケージを寝床だけのスペースにする場合は、愛犬がクルッと丸まって眠れるくらいのスペースがあれば十分です。 しかし、トイレをケージの中に用意するのでしたら、寝床にするスペースとは別に、トイレスペースを確保するようにしてください。 ケージの中で留守番をする機会が多い犬でしたら、寝床で食事ができるように、さらに広いスペースが必要になってきます。 これらのことを考えて、今の使用しているケージが狭いようでしたら、広いケージを用意してあげてください。 愛犬の成長に合わせて徐々に広さを変えるのが大変でしたら、成犬になったときの大きさを想定して決めてくださいね。

いぬのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛犬のお悩みにスグ対応

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・「やりすぎ」お世話のボーダーライン
  • ・ニオイ?ヨゴレ? お掃除のコツは意外なところ

  • ・子犬に必要な「さいしょの一歩」
  • ・○×でわかる ぬくぬく冬支度
  • ・はじめて「留守番のさせ方」

  • ・ココロとカラダ 免疫力UP
  • ・愛犬と過ごす 温かいクリスマス


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。