「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

いぬ図鑑:甲斐の特徴や気をつけておきたい病気などをご紹介します。

甲斐

かい

  • 中型犬(体重16〜18kg)
  • 短毛
  • 家庭犬

歴史History

甲斐(甲斐犬)は、現在の山梨県である「甲斐」の国に生息していた中型犬。起源は1700年代ころとされています。山岳地帯で長く暮らしていましたが、山梨県甲府地方検察庁に赴任した安達太助氏が1929年に発見。1931年には「甲斐日本犬愛護会」(現在は「甲斐犬愛護会」に改名)が設立されました。初代会長は、安達氏が務めています。 1934年には、天然記念物に指定。現在も、4月の第1日曜日と10月の最終日曜日、山梨県内で「天然記念物指定甲斐犬愛護会展覧会」が開催されています。

外見の特徴・性格などFeature & Style

もともとは足場の悪い山道を駆け巡っていた犬種です。そのため筋肉がよく発達しており、全身は引き締まっています。肉厚な三角形の耳や、太くて力強く背中側に向くしっぽなどの見た目も特徴的。オオカミのような勇ましく鋭い印象を受けるでしょう。 脚が強靭なうえ、持久力も高いので、運動量は多め。ドッグランなどで思いっきり走り回れる機会が必要です。 また、甲斐の性格といえば「一代一主」。一生、自分の主人にのみ忠誠を誓うといわれています。こうした忠誠心と警戒心の強さから、信頼できるパートナーとして活躍できる犬種です。

毛質

山岳地帯の冬も乗り越えられるよう、硬くて真っ直ぐな上毛(オーバーコート)と、柔らかく密な下毛(アンダーコート)に覆われています。

毛色

黒虎毛、中虎毛、赤虎毛の3種に分かれます。もっとも一般的なのは、黒虎毛。黒に近い茶褐色の被毛に、虎模様が入っています。この虎模様は山で狩りをするときの保護色にもなりました。虎模様の特徴から、「虎毛犬(とらげいぬ)」という別名もあります。子犬のころは1色でも、成長に伴って虎模様がはっきりしてきます。

気をつけたい病気・ケガ

  • ■ 植物やノミなど、特定の物質に反応し、皮膚に炎症などがあらわれる「」

監修:ヤマザキ学園大学 動物看護学部
http://univ.yamazaki.ac.jp/


小型犬/中型犬/大型犬の正式な定義はなく諸説ありますが、下記の体重を基準としています。
・小型犬…体重8.0kg未満
・中型犬…体重8.0kg~20.0kg未満
・大型犬…体重20.0kg以上

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・データ・図解でわかる 熱中症
  • ・ハイテク家電とお掃除テクで「ニオワセナイ」術
  • ・ハプニングに役立つ「とっさのキケン」

  • ・子犬に必要なしつけ「さいしょの一歩」
  • ・1才になる前に覚える必須「犬用語」
  • ・はじめての「社会化しつけ」

  • ・犬も人も「夏のCOOL★ドリンク」
  • ・ゲームでわかる犬の新常識
  • ・死因TOP3 犬の心臓病


[PR]