「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


いぬ図鑑:オーストラリアン・シェパードの特徴や気をつけておきたい病気などをご紹介します。

オーストラリアン・シェパード

おーすとらりあん・しぇぱーど

  • 中型〜大型犬(体重15〜32kg)
  • 短毛(ショート/スムースコート)ただし部分的にカールした毛が生えていることも
  • 牧羊犬

歴史History

オーストラリアンシェパードは、オーストラリアの犬種ではありません。アメリカで誕生しました。名前の由来は諸説ありますが、大本となった犬は1800年代にアメリカへ渡ってきた移民によって連れてこられた犬です。その移民はオーストラリアからやってきたため「オーストラリアからやってきた牧羊犬」ということで、オーストラリアンシェパードという名前がアメリカで付けられた、というのが有力な説となっているようです。オーストラリアに土着しているディンゴという犬種を祖先に持つからともいわれています。 この犬種が注目されるようになったのは1950年代。当時ロデオなどの競技会でオーストラリアンシェパードが芸をしていたようで、その様子を映画化して競技会などで公開したことで、一気にアメリカで脚光を浴びることになったそうです。

外見の特徴・性格などFeature & Style

広い牧地を走り回る必要があったので、がっしりと筋肉質な体格をしています。しっぽはかつては牧羊犬として使われていたため、牧場のゲートなどにしっぽを挟まれるのを避けるために断尾されることもありました。近年は、産まれたままのしっぽを残すブリーダーの割り合いも増えています。 羊を統率する牧羊犬ということもあり、瞬時に状況判断ができる賢さを持ちます。忠誠心が強いため、愛嬌があって愛玩犬にも向く犬種ですが、その性格ゆえに一人ぼっちの生活を強いると神経質になる場合があります。 飼い主さんの指示を聞いたり遊ぶのが好きなので、フライング・ディスクやボールを使ったスポーツドッグとしても人気が高い犬種です。

毛質

被毛の長さはまばらで、部分によって中毛であったり、短毛(スムースコート)が生えています。また、上毛・下毛に分かれたダブルコートになっていて、上毛に関してはところどころカールがかった毛が見られることがあります。毛が絡まったり皮膚が蒸れやすいので、定期的にブラッシングをして。季節の変わり目にある換毛期には、とくに念入りにお手入れが必要です。

毛色

ベースカラーに、白斑やタン(黒い毛色の中に茶色またはベージュが混じっている)のポイントカラーがある場合とない場合があります。 ベースカラー…ブルーマール(マールは、同系色の明るい背景色に暗い色がまだらに入った、大理石のような模様のこと。年を重ねるにつれて、色が濃くなる傾向があります)、ブラック、レッドマール(赤系の明るい毛色に、暗い色がまだらに入った大理石のような模様)、レッドなどがあります。 発色の傾向として、目の周りには白以外の色が出ることが多いです。

気をつけたい病気・ケガ

  • ■ 目の水晶体が白くにごって網膜に光が届かなくなることにより、視力が低下する「白内障」
  • ■ 毛が密集しているためなりやすい、皮膚に炎症などがあらわれる「皮膚炎」
  • ■ 耳の中が蒸れるので、細菌やカビが原因で、外耳道に炎症が起こる「外耳炎」
  • ■ 耳の奥にある中耳と呼ばれる部位に炎症が起こる「中耳炎」
  • ■ 遺伝的にメラニン色素が少ないために強い日光にさらされると、紫外線によって鼻周辺の皮膚に炎症が起こる「日光性皮膚炎」
  • ■ 脳の構造には異常がないにも関わらず、けいれん発作が突然起こる「てんかん」

監修:ヤマザキ学園大学 動物看護学部
http://univ.yamazaki.ac.jp/


小型犬/中型犬/大型犬の正式な定義はなく諸説ありますが、下記の体重を基準としています。
・小型犬…体重8.0kg未満
・中型犬…体重8.0kg~20.0kg未満
・大型犬…体重20.0kg以上

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・いい?悪い?ストレスって?
  • ・キレイかんたんオーラルケア
  • ・愛犬と一緒にスポーツを!
  • ・真顔犬ファンクラブ

  • ・子犬のリアル成長レポート
  • ・吠えグセ直し集中講座
  • ・ドリル! おねだり行動

  • ・愛犬のクオリティ・オブ・ライフ
  • ・「行動治療」はじめてガイド


[PR]