「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


犬の病気・症状データベース:熱中症についての詳細情報です。

部位から探す > その他 >
熱中症(ねっちゅうしょう)

熱中症の症状と治療、予防方法

■解説
風通しの悪い高温多湿の場所や、直射日光を直に浴び続ける状況で、急激に上がった体温が下がらなくなります。ハアハアと荒い呼吸に始まり、大量のよだれ、嘔吐などのあと、けいれんをしたり、短時間で意識を失う場合も。すぐに処置をしないと、命を落とすこともあります。短頭種や寒い地方生まれの犬は暑さに弱いので、とくに注意を。

■原因
身体が高温多湿の環境に適応できずに体温をうまく下げきれないことで起こる。

■症状
初期はパンティングが認められ、呼吸数と心拍数の増加が認められる。進行すると、下痢や嘔吐、震えや発作、意識障害が認められ、命の危険につながることもあります。

■診断
発症前の環境について確認し、体温、臨床症状と合わせて診断します。

■治療方法
至急体を冷やし、体温を下げます。意識がなく心肺停止の場合は、心臓マッサージや人工呼吸を行います。

■予防方法
高温多湿、直射日光が当たる場所には犬をいさせないようにしましょう。夏場はできるだけ涼しい時間帯に散歩に行くほか、体を冷やしたり、まめに水分補給をしましょう。

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・いい?悪い?ストレスって?
  • ・キレイかんたんオーラルケア
  • ・愛犬と一緒にスポーツを!
  • ・真顔犬ファンクラブ

  • ・子犬のリアル成長レポート
  • ・吠えグセ直し集中講座
  • ・ドリル! おねだり行動

  • ・愛犬のクオリティ・オブ・ライフ
  • ・「行動治療」はじめてガイド


[PR]
[PR]
[PR]

[PR]