「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

犬の病気・症状データベース:鞭虫症についての詳細情報です。

部位から探す > 寄生虫 >
鞭虫症(べんむししょう)

鞭虫症の症状と治療、予防方法

■解説
鞭虫というムチのような形をした4~7cmの虫がおもに大腸に寄生して、嘔吐や下痢、腸炎による血便などを起こします。体についた鞭虫を毛づくろいの際に飲み込んだり、感染犬の便についた虫を飲み込むことで感染します。

■治療方法
症状が軽いときは駆虫剤を投与し、腸炎の処置や栄養補給を行います。重度の貧血など、症状が重いときは、輸血を行うことも。

■予防方法
鞭虫の予防薬を使用します。また、排泄物はすばやく片づけ、犬の生活環境を清潔に。散歩中、ほかの犬の排泄物に近寄らせないよう注意しましょう。繁殖を予定しているメスの犬は、必ず交配前に体内に寄生虫がいないか検査を行い、感染していたらあきらめるか、治療後に繁殖させましょう。

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・データ・図解でわかる 熱中症
  • ・ハイテク家電とお掃除テクで「ニオワセナイ」術
  • ・ハプニングに役立つ「とっさのキケン」

  • ・子犬に必要なしつけ「さいしょの一歩」
  • ・1才になる前に覚える必須「犬用語」
  • ・はじめての「社会化しつけ」

  • ・犬も人も「夏のCOOL★ドリンク」
  • ・ゲームでわかる犬の新常識
  • ・死因TOP3 犬の心臓病


[PR]
[PR]
[PR]

[PR]