「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

犬の病気・症状データベース:低血糖症についての詳細情報です。

部位から探す > 脳、脊髄、神経 >
低血糖症(ていけっとうしょう)

低血糖症の症状と治療、予防方法

■解説
下痢や嘔吐のほか、なんらかの病気が原因で極端に血糖値が下がる病気です。おもな症状には、ふらついた歩き方をする、けいれんを起こす、ぐったりする、運動をしなくなる、元気がなくなる、下半身が麻痺するなどがあります。とくに子犬が多いです。

■治療方法
子犬の低血糖症はブドウ糖を与えることによって治療します。成犬の低血糖症は、命にかかわる病気が原因の場合もあるため、その病気の治療を早急に行う必要があります。

■予防方法
子犬であれば、体を冷やさないようにし、栄養バランスのよいフードを与えましょう。

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・ひと目でわかる!愛犬のカラダ出たもの・腫れたもの
  • ・どのくらい飲む? 愛犬の飲み水のコト
  • ・気象予報士の獣医さんに聞いてみた「熱中症」

  • ・最初に必要なしつけ「さいしょの一歩」
  • ・1才までの絆の強め方・作り方

  • ・諦めない! アノお悩みをプロ技解決!
  • ・知っておきたい犬の「腎臓病」


[PR]
[PR]
[PR]

[PR]