「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

犬の病気・症状データベース:ぶどう膜皮膚症候群についての詳細情報です。

部位から探す > 皮膚疾患 >
ぶどう膜皮膚症候群(ぶどうまくひふしょうしょうこうぐん)

ぶどう膜皮膚症候群の症状と治療、予防方法

■解説
免疫の異常によって起こる病気で、目のまわり、鼻、唇の皮膚の色が薄くなったり、赤くなったり、ただれたりします。秋田やシベリアン・ハスキーなどが発症しやすいといわれています。別名フォークト・小柳・原田病様症候群ともよばれます。ぶどう膜炎や、白内障、緑内障を併発することもあります。

■なりやすい犬種
秋田やシベリアン・ハスキーなど

■治療方法
免疫抑制剤などを投与しますが、治療は困難だといわれています。

■予防方法
予防策はありません。秋田やシベリアン・ハスキーの飼い主さんは、早期発見のために愛犬の皮膚の状態に気を配りましょう。

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・愛犬を苦しませる!? 意外なストレス30
  • ・ドッグフードのお悩み何でも答えます!
  • ・あるある! DOG LIFE川柳

  • ・子犬に必要な さいしょの一歩
  • ・うまくいく人の「してること」「してないこと」
  • ・はじめてしつけ イタズラ・吠え

  • ・いも くり かぼちゃ 秋のほくほくおやつ
  • ・秋のスポーツ大作戦
  • ・気をつけたい犬の病気「分離不安」


[PR]
[PR]
[PR]

[PR]