「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


犬の病気・症状データベース:鼻涙管閉塞についての詳細情報です。

部位から探す > 目 >
鼻涙管閉塞(びるいかんへいそく)

鼻涙管閉塞の症状と治療、予防方法

■解説
目と鼻をつないでいる鼻涙管や、涙を排出する涙管が詰まって涙があふれる病気です。流涙症と同様、涙とともに目ヤニが出て、目頭から鼻のわきが汚れて皮膚が腫れることも。

■原因
先天的なものは遺伝的要因で引き起こされます。通常、涙は蒸発や鼻涙管を伝って排出されるが、炎症や外傷、異物などにより、この鼻涙管をふさいでしまうことにより引き起こされる。

■症状
鼻涙管が閉塞していると涙の排出がうまくいかず、眼からあふれ出るため流涙症となります。涙やけから、その部分の皮膚炎を起こすこともあります。

■診断
検眼鏡を用いて、眼の観察をしっかり行い炎症や外傷、異物などの確認を行います。ごく細い管を涙管に挿入し少しの圧をかけてみてつまりの確認を行います。

まめに涙を拭き取るほか、鼻涙管を洗浄して詰まりを取る治療を行うことも。

まめに涙を拭き取って目のまわりを清潔に保ちましょう。涙やけと呼ばれることもありますが、炎症を起こしているなら立派な病気。愛犬の目のまわりが汚れていたら放置せず、動物病院で診察を受けましょう。

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・いい?悪い?ストレスって?
  • ・キレイかんたんオーラルケア
  • ・愛犬と一緒にスポーツを!
  • ・真顔犬ファンクラブ

  • ・子犬のリアル成長レポート
  • ・吠えグセ直し集中講座
  • ・ドリル! おねだり行動

  • ・愛犬のクオリティ・オブ・ライフ
  • ・「行動治療」はじめてガイド


[PR]
[PR]
[PR]

[PR]