「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:「泌尿器官」についての回答一覧です。

部位から探す
泌尿器官

猫の泌尿器官に関するQ&Aです。猫の飼い主さんが抱えやすい泌尿器官に関する疑問やお悩みについてQ&A形式でご紹介しています。

11-20件(34件中)

並び替え

前へ

次へ

17歳のシャムです。4年前から腎臓が悪く点滴のため通院しているのですが、このまま点滴に通い続けたほうがいいのでしょうか。

11

シャム | 17歳2カ月 |

17歳の高齢猫が4年間腎臓の治療を続けているという状況から、ご相談者様の愛猫は加齢による慢性腎不全ではないかと思われます。慢性腎不全を完全に治すことはできず、治療は症状を安定させて進行を遅らせるために行…

腎不全で毎日点滴が必要です。家で点滴をしたいのですが、かかりつけの動物病院では対応してくれません。どうしたらいいでしょうか。

12

ミックス |

腎不全の治療方法は、猫の容態と血液検査の結果を合わせて決めます。 猫の容態で大切なのは、食欲と脱水の状態です。 毎日の点滴が必要となるのは、食事ができないときや重度の脱水症状が見られるときです。このよ…

CKD(慢性腎臓病)で貧血が進みエポジンを打つかどうか悩んでいます。

13

… | 17歳7カ月 | S

投与のタイミングは主治医の先生とよく相談されて決めましょう。造血剤は赤血球を作らせるように指令をだすホルモン類似物質ですが、大事なことは赤血球の材料がしっかり体の中にあるかどうかです。食欲が全くない…

2回目の膀胱炎はストレスによるものと言われましたが本当ですか。

14

ミックス | 1歳7カ月 |

膀胱炎の原因はさまざまで、ストレスが原因となることもあります。ストレスといっても精神的なストレスもありますが、引っ越しや季節の変わり目などの環境や気温の変化などからくる身体的なストレスが原因すること…

愛猫は腎不全で、週1回点滴をしています。目が見えていないので、かわいそうです。ストレスになっていないでしょうか。

15

シャムミックス | 18歳10カ月 |

猫がストレスを抱えると、多くの場合、普段と違う行動をするようになります。鳴くようになる、突然粗相をするようになる、攻撃的になる、極端に臆病になる、食欲がなくなる、毛づくろいなどを長時間する、下痢や嘔…

愛猫は12歳で、過去に膀胱炎をおこしました。ずっとストルバイト尿石症の療法食を食べているのですがこのままで大丈夫でしょうか。

16

キジトラ | 12歳3カ月 | C

ストルバイト尿石症の療法食には種類があります。ストルバイト尿石を溶かす効果があるもの、ストルバイト尿石を予防する効果があるもの、カロリーが低いもの、対象年齢が7歳までのものなどです。猫の症状や年齢に合…

腎不全で通院中なのですが1カ月もたないと言われてしまいました。何か愛猫にできることはないのでしょうか。

17

ペルシャ | 15歳2カ月 |

腎不全の病状が進んでいると、かなり体力がなくなっていると考えられます。 体力がない猫にとって温度差は体の負担になりますので、愛猫が寝ている部屋の温度は一定に保つように心がけてあげてください。人がちょう…

愛猫が膀胱炎を繰り返していて心配です。検査をしてもらい異常はなかったのですが、何か家で気をつけてあげられることはありますか。

18

ミックス | 1歳9カ月 |

膀胱炎の予防で大切なことは、猫の飲水量を増やすことです。猫は、もともとあまり水を飲まなくても平気で過ごせます。面倒になると水を飲まなくなってしまうので、家のあちこちに水入れを置いたり、器の種類や大き…

動物病院で、膀胱炎と言われました。治療法としてはどのようなものがあるのでしょうか。

19

ミックス | 13歳3カ月 |

膀胱炎の原因や症状によって治療法が違ってきます。 原因に細菌が関係している場合は、抗生物質を使用し炎症を抑えます。尿路結石やストレスが関係している場合は、食事療法食を与えます。 強い痛みや、出血などが…

愛猫は膀胱炎を繰り返しており、腎臓も悪いようです。どのようなフードにしたらいいですか。

20

ミックス | 16歳7カ月 |

膀胱炎と腎臓病ですが、直接的に命にかかわるのは腎臓病です。そのため腎臓病にかかっているようであれば、腎臓病に対応したフードにしたほうがいいと思います。腎臓も悪いようとのことですので、血液検査や尿検査…

前へ

次へ


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 噛む・引っかく される前にできること
  • 粘膜に症状が現れる病気
  • 猫の好奇心 3ステップアクション
  • マストバイ猫家電
おすすめ特集
  • 猫ってピンクがいっぱい
  • 動物看護士について
  • 猫のスプリングマッサージ

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。