「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:「薬/投薬の方法」についての回答一覧です。

飼い方
薬/投薬の方法

猫の薬/投薬の方法に関するQ&Aです。猫の飼い主さんが抱えやすい薬/投薬の方法に関する疑問やお悩みについてQ&A形式でご紹介しています。

41-50件(53件中)

並び替え

前へ

次へ

眼軟膏を塗り始めてからケージに入りがちになってしまいました。

41

アメショー | 7歳1カ月 |

猫は警戒心の強い動物です。眼軟膏は決して塗ることにより、しみたり、痛みがでる薬ではありませんが、眼軟膏を塗る際にどうしても、猫をおさえて塗らないといけないので、警戒してしまうのでしょう。 今は「眼軟膏…

愛猫が頻尿のためお薬を処方されましたが、なかなか飲んでくれません。

42

ミックス | 10歳7カ月 |

一般的な猫の錠剤の飲ませ方は、まず利き手の親指と人差し指で錠剤をつまみます。次に利き手と反対の手で上あごを上からつかみ、親指と人差し指をそれぞれ左右の上あごの牙の後ろに入れます。そうすることにより、…

片目が涙目で点眼を指示されたのですが、怖がりで目薬を嫌がります。無理に点眼していると飼い主との関係が悪化しないか心配なのですが大丈夫でしょうか。

43

ミックス | 1歳3カ月 |

猫が怖がらないように目薬を差してあげられているか見直してみましょう。目薬を冷蔵庫で保管している場合は、必ず室温に戻してから点眼します。冷たいまま点眼すると驚くことがあるからです。 正面から点眼瓶を近づ…

愛猫の尿中に細菌が出ると3週間、抗生剤を飲ませます。頻繁に抗生剤を飲んでも問題ないですか。

44

ミックス | 4歳7カ月 | S

適当な間隔をあけて使用すれば問題はないでしょう。しかし、頻繁に細菌性膀胱炎になっているとすれば、その原因を探る必要があると思います。尿石が膀胱に沈澱している可能性もありますし、細菌が感染しやすい環境…

愛猫の胸腔内に腫瘍があります。一日50ccずつ胸水もたまっています。抗がん剤をすすめられたのですが、負担も多そうなので悩んでいます。

45

ミックス | 8歳10カ月 |

抗がん剤の使用は、外科手術では取りきれない全身性にできる腫瘍(白血病、リンパ腫など)や、診断時にすでに他の組織に転移してしまっている腫瘍、または悪性度が高く手術してもすぐに転移が出てきてしまうことが…

市販のノミ駆除薬をつけたら、つけた部分を気にして数日たっても舐めようとしています。薬が合わなかったのでしょうか。

46

ミックス | 7歳11カ月 |

ノミ駆除薬にはさまざまな種類のものがあります。猫によっては、つけた部分が脱毛するなど、皮膚に異常を引き起こすケースがまれにあります。ノミを駆除する成分に反応している場合もあれば、添加剤に反応している…

愛猫が下痢と食欲不振のため粉薬をもらいました。しかしごはんに混ぜても食べてくれません。どのように与えればいいでしょうか。

47

ミックス | 0歳5カ月 |

猫に粉薬を与えるときに、ごはんに混ぜて食べてくれたらとても楽ですね。しかし、食欲のないときにごはんに混ぜてしまうと、さらにごはんが食べにくくなってしまうことがあります。ですから、薬はごはんとは別に飲…

ノミ・ダニ予防薬をスプレーすると舐めてしまうので、エリザベスカラーをしました。どのくらいで外せばいいでしょうか。

48

ミックス | 5歳2カ月 |

ノミ・ダニ予防のスプレー剤を使用したときは、被毛や皮膚が乾くまでは、体を舐めさせないようにしてください。通常、スプレー剤が乾くまで30分ほどかかりますので、少なくともその間はエリザベスカラーをつけてお…

便がもともとゆるいです。ビオフェルミンを飲ませてもよいでしょうか。

49

アメショー | 0歳11カ月 |

ビオフェルミンは人間用のお薬です。人間の薬を動物に使用する場合には、まず動物病院で愛猫のお腹の診察をしてもらい、その際に診ていただいた獣医師に直接ご相談し判断を仰ぐべきです。 ビオフェルミンのように、…

薬を愛猫の口の中に投げ入れて飲ませてもよいのでしょうか。

50

ミックス | 8歳10カ月 |

薬を口の中に投げ入れると、猫はビックリして薬を吐きだしてしまうことがあります。薬の形によって飲ませ方が違ってきますが、必ず、ゴクリと飲み込むのを確認してください。猫の顔を少し上にむけて薬を飲ませると…

前へ

次へ


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 噛む・引っかく される前にできること
  • 粘膜に症状が現れる病気
  • 猫の好奇心 3ステップアクション
  • マストバイ猫家電
おすすめ特集
  • 猫ってピンクがいっぱい
  • 動物看護士について
  • 猫のスプリングマッサージ

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。