「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:「キャットフードの選び方」についての回答一覧です。

飼い方食事
キャットフードの選び方

猫の食事(キャットフードの選び方)に関するQ&Aです。猫の飼い主さんが抱えやすい食事(キャットフードの選び方)に関する疑問やお悩みについてQ&A形式でご紹介しています。

11-20件(25件中)

並び替え

前へ

次へ

膀胱炎で食事療法食を与えたら、下痢をしてしまいました。かかりつけの動物病院はお休みです。どうしたらいいでしょうか。

11

ノルウェージャンフォレストキャット | 2歳9カ月 |

今与えている食事療法食が原因でしたら、すぐにその食事を与えるのはやめましょう。愛猫が食事を欲しがるようでしたら、療法食の前の食事を少量あげてください。 薬が処方されているならば、薬は続けてくださいね。…

最近ドライフードもしっかり食べるようになったのですが、それでも缶入りフードは総合栄養食でないとだめなのでしょうか。

12

ミックス | 1歳4カ月 |

フードには総合栄養食と一般食があります。総合栄養食とは水とそのフードのみで猫に必要な栄養素を補給できるものをいいます。一方、一般食はそれだけでは栄養が十分にとれないフードになります。そのため一般食を…

ペルシャを飼っています。毛玉ができにくいフードと普通のフードはどちらがよいのでしょうか。

13

ペルシャ | 2歳6カ月 |

「毛玉ができにくいフード」は可溶性繊維や不溶性繊維など多数の食物繊維を豊富に含み、飲み込んだ被毛を便と一緒に排出させやすくする作用があります。 ご相談者様の愛猫は長毛種のペルシャでしたね。確かに、短毛…

年齢に応じたキャットフードを与えたほうがいいのでしょうか。

14

ミックス | 7歳9カ月 |

猫は年齢により、必要とする栄養素の量やバランスが大きく異なります。 生後1カ月から3カ月くらいまで免疫が完全ではありませんし、消化器官は未熟ですから栄養価の高い消化吸収がよい食事が必要となります。 成長…

フードの種類について教えてください。

15

ミックス | 1歳1カ月 |

現在は、年齢や性別、健康状態などに応じたさまざまな種類のキャットフードが販売されています。ドライフードであってもウエットフードであっても、それが「総合栄養食」であればそれのみの給餌で特に問題はありま…

13歳のミックスです。今与えているフードの成分に食塩と書いてあったのですが、大丈夫でしょうか。

16

ミックス | 14歳0カ月 |

猫は高齢期に腎不全にかかることが多いため、腎臓に負担をかける塩分の摂取量は減らしたほうがいいとよくいわれます。ご相談者様はフードの成分に塩分と記載があり、ご不安になってしまったとのことですが、一般的…

特定の商品のフードが好きでそれしか食べなくなってしまいました。

17

チンチラ | 0歳4カ月 |

食事の好みがうるさい猫は少なくありません。特定の商品のフードしか食べなくなってしまったとのことですが、そのフードのパッケージの裏などに書いてある表示を確認してみてください。フードには総合栄養食と一般…

ドライフードより、ウエットフードのほうがいいのでしょうか。

18

ミックス | 1歳0カ月 | S

ドライフードとウエットフードどちらにもそれぞれの利点があります。ウエットフードはドライフードに比べて水分が多く含まれていますから、尿石症の猫や腎臓病の猫など、水分を多く摂り入れたいときに適しています…

尿結晶をケアする食餌の種類について教えてください。尿のPHを下げる療法食と、尿のケアができる一般食の違いは何でしょうか。

19

ミックス | 2歳1カ月 |

一般には、療法食も一般の尿ケアフードも、原材料や栄養成分のバランスを調整することで尿のPHを結晶が出にくいPHに保つものです。ミネラルのバランスも尿結晶ができにくいよう調整されています。その中でも特に療…

嘔吐を繰り返すため受診したところ食物アレルギーと診断されました。しかし処方食を食べないため、他の一般食を与えたところ、調子がいいようです。今後はどのようにしたらいいでしょうか。

20

ミックス | 6歳10カ月 |

食物アレルギーは食べ物に含まれる特定の物質(主にタンパク質)が体内に入ってきたときに、その物質を「異物」と認識して過剰に反応対すると起こります。 アレルギー用の処方食は、猫がアレルギー反応を起こしやす…

前へ

次へ


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 猫と犬 とことんくらべてみました!
  • 冷えとりマッサージ
  • 読む猫トイレⅡ
  • 猫が誤食しやすいもの備忘録
おすすめ特集
  • 岩合さんのネコこよみ
  • いつでも100%!全力猫
  • 猫が赤ちゃんと出会ったら…
  • CaTrip:横浜編

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。