「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:「キャットフードの選び方」についての回答一覧です。

飼い方食事
キャットフードの選び方

猫の食事(キャットフードの選び方)に関するQ&Aです。猫の飼い主さんが抱えやすい食事(キャットフードの選び方)に関する疑問やお悩みについてQ&A形式でご紹介しています。

11-20件(25件中)

並び替え

前へ

次へ

膀胱炎で食事療法食を与えたら、下痢をしてしまいました。かかりつけの動物病院はお休みです。どうしたらいいでしょうか。

11

ノルウェージャンフォレストキャット | 2歳9カ月 |

今与えている食事療法食が原因でしたら、すぐにその食事を与えるのはやめましょう。愛猫が食事を欲しがるようでしたら、療法食の前の食事を少量あげてください。 薬が処方されているならば、薬は続けてくださいね。…

ドライフードだけ与えていると糖尿病になると聞きましたが本当ですか。

12

メインクーン | 1歳8カ月 |

ドライフードと糖尿病の相関性はないため、心配はないでしょう。糖尿病の原因は、肥満、基礎疾患、ストレス、口内炎、投薬などです。このためドライフードを食べすぎて肥満になっていた場合や、フードを一気に食べ…

8カ月のミックスです。フードはドライのみにしたほうがいいでしょうか。成猫用に切り替えてもいいですか。

13

ミックス | 0歳9カ月 |

愛猫が好むようであればドライフード、ウエットフードのどちらでもかまいません。ウエットフードは歯の隙間に残りやすいため、ドライフードに比べると歯石がつきやすいといえます。猫のなかにはちょこちょこと時間…

ドライフードとウエットフードの両方をあげています。このまま続けてもいいでしょうか。

14

ミックス | 1歳6カ月 |

愛猫が好むのであれば、ドライフードとウエットフードの両方を与えても問題はありません。ウエットフードは水分摂取ができるメリットもありますが、ドライフードに比べると歯の隙間に食べかすが残りやすいため歯周…

年齢に応じたキャットフードを与えたほうがいいのでしょうか。

15

ミックス | 7歳9カ月 |

猫は年齢により、必要とする栄養素の量やバランスが大きく異なります。 生後1カ月から3カ月くらいまで免疫が完全ではありませんし、消化器官は未熟ですから栄養価の高い消化吸収がよい食事が必要となります。 成長…

15歳のミックスです。過去に膀胱炎になりc/d缶を与えていましたが、今はi/d缶だけです。大丈夫でしょうか。

16

ミックス | 18歳7カ月 |

過去の膀胱炎の際に尿結石は出ていましたか。もし結石が出ていた場合は念のため尿検査を受けられたほうがいいでしょう。また、ご相談者様の愛猫は15歳とご高齢ですので尿検査は健康診断の有効な指標になると思いま…

6歳のロシアンブルーです。いつごろからシニア用のフードに替えたほうがいいですか。成猫用のフードと何が違うのでしょうか。

17

ロシアンブルー | 6歳8カ月 |

一般的にシニア用のフードと成猫用のフードの違いは、カロリーが控えめである、消化吸収がしやすい、高齢期に必要な栄養素が多く配合されているなどです。猫は7歳頃からシニア世代に入るため、7歳を目安にシニアフ…

ドライフードより、ウエットフードのほうがいいのでしょうか。

18

ミックス | 1歳0カ月 | S

ドライフードとウエットフードどちらにもそれぞれの利点があります。ウエットフードはドライフードに比べて水分が多く含まれていますから、尿石症の猫や腎臓病の猫など、水分を多く摂り入れたいときに適しています…

保護した猫にフードを与えたいのですが缶詰でよいでしょうか。

19

ミックス | …

保護したばかりの猫では、体調がよいのかどうかは、わかりませんね。缶詰でもドライフードでも構いませんので消化のよいフードを少量ずつ与えて様子を見てみましょう。猫の場合は年齢に合ったフードにしてあげてく…

特定の商品のフードが好きでそれしか食べなくなってしまいました。

20

チンチラ | 0歳4カ月 |

食事の好みがうるさい猫は少なくありません。特定の商品のフードしか食べなくなってしまったとのことですが、そのフードのパッケージの裏などに書いてある表示を確認してみてください。フードには総合栄養食と一般…

前へ

次へ


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 噛む・引っかく される前にできること
  • 粘膜に症状が現れる病気
  • 猫の好奇心 3ステップアクション
  • マストバイ猫家電
おすすめ特集
  • 猫ってピンクがいっぱい
  • 動物看護士について
  • 猫のスプリングマッサージ

今月号の特集試し読み


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。