「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:「毛が異常に抜ける、うすくなる」についての回答一覧です。

症状から探す皮膚・毛の異常、症状
毛が異常に抜ける、うすくなる

猫の毛が異常に抜ける、うすくなるに関するQ&Aです。猫の飼い主さんが抱えやすい毛が異常に抜ける、うすくなるに関する疑問やお悩みについてQ&A形式でご紹介しています。

1-10件(14件中)

並び替え

前へ

    12

    次へ

    愛猫の乳首の周りの毛が薄くて乳首が目立つような気がします。

    01

    アメリカンショートヘアー | 8歳6カ月 | S

    もともと、乳首の周囲の毛は薄いので、他の乳首の周りと毛の薄さに差がないようであれば問題ないかと思います。部分的に薄い場合や赤くなっている場合は舐めすぎや皮膚病の可能性もありますので動物病院に連れて行…

    フロントラインプラスをつけたら脱毛しました。

    02

    ミックス | 5歳7カ月 |

    まれにフロントラインの成分に反応してしまう猫がいて、その場合はつけた部分に脱毛や赤みがみられることがあります。処方した動物病院で状態を確認してもらったうえ、治療を受けられることをおすすめします。ノミ…

    FIV陽性(猫エイズに感染)です。尾の毛がごそっと抜けているのに気がつきました。原因として何が考えられますか。

    03

    ミックス | 6歳3カ月 |

    尾に脱毛ができやすい病気として考えられるものは色々あります。ご相談者様の愛猫はオス猫でエイズウイルスに感染しているということですので、次のような原因が考えられるかと思います。 ●尾腺炎(スタッドテイル…

    猫の毛が抜ける原因が知りたいです。

    04

    アメリカンショートヘア | 2歳7カ月 |

    毛が抜ける原因は換毛期、日々の抜けかわり、興奮したときなどの生理的なもののほか、寄生虫感染などによる皮膚病、ホルモン異常、ストレスによる抜け毛などの原因が考えられます。まんべんなく抜けて皮膚が見えな…

    お腹から足にかけて脱毛しています。

    05

    ミックス | 8歳1カ月 |

    かゆみを伴う脱毛であれば皮膚炎などによる脱毛の可能性、かゆみがあまりない様子なら、ホルモン性の脱毛の可能性もあります。また、お腹、内股、足など猫が舐めやすい部分だけが脱毛している場合、舐症(限度を超…

    愛猫の毛が抜けます。なぜでしょうか。

    06

    ミックス | 3歳7カ月 |

    生理的にも脱毛は起こりますが、1か所がごっそり抜けている場合、フケが多くみられる場合、皮膚に赤みや発疹がみられる場合、脱毛部にかゆみなどの違和感がある場合などは皮膚病の可能性があります。動物病院を受診…

    愛猫の耳の裏の毛が薄くなっています。かきすぎだからでしょうか。

    07

    ミックス | 11歳3カ月 |

    耳の毛が薄くなるのは、多くの場合、猫がかきすぎていることが多いのですが、毛が弱って抜けてしまって、薄くなっていることもあります。 糸状菌の感染や毛包虫(ニキビダニ)の感染などによる皮膚病は、かゆみに個…

    脱毛してきているのですが、動物病院に連れて行く時間がありません。何か家でできることはないでしょうか。

    08

    ミックス | 2歳6カ月 |

    まず、愛猫が痒がっているかどうか様子をみてください。非常に痒がっている場合はノミの寄生が考えられます。この場合、脱毛だけではなく、皮膚の炎症や湿疹が見られることが多いです。被毛を分けてみてください。…

    最近、愛猫の毛がよく抜ける気がします。皮膚病が心配です。

    09

    ミックス | 14歳11カ月 |

    脱毛の原因としてあげられるのは、細菌感染、アレルギー、寄生虫、カビ、ホルモン異常などです。また、ストレスなどの精神的な問題で脱毛がおこることがあり、これを心因性脱毛といいます。もちろん脱毛は生理的に…

    愛猫の背中とお尻がはげて赤くなっています。かゆみ止めを使っても大丈夫でしょうか。

    10

    ミックス | 10歳3カ月 |

    はげがあったり、皮膚が赤くなっていても、かゆみがあるとは限りません。かゆみがそれほどなくてもこのような症状が見られる皮膚病に、毛包虫症や真菌症などが考えられます。毛包虫症や真菌症は、かゆみ止めを使う…

    前へ

      12

      次へ


      ねこのきもち最新号のご紹介


      11月号のご紹介

      注目特集
      • みんなの愛猫は安心している?
      • 猫から人にうつる病気
      • 愛猫と自撮り写真を撮ってみよう!
      おすすめ特集
      • 岩合さんのネコこよみ
      • 秋の夜長の過ごし方
      • 愛猫へのラブレター

      今月号の特集試し読み


      いぬねこ連載
      もっと見る
      [PR]
      [PR]
      [PR]

      [PR]

      →弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。